FC2ブログ
1
2
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

    


プロフィール

管理人

Author:管理人
日本在住
中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
11

Category: 東大雪

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

岩石・白雲・天望
1111近場は天気悪いので遠出する


士幌高原コースで白雲山へ
2018111423193128d.jpg



岩石山は未踏なので登りたい 天望山も行ってこようか
20181114231930a22.jpg



天気は良いような悪いような 風強め
2018111423192880d.jpg



急な岩岩の道登ってくと
20181114231934013.jpg



右手に岩石山らしき山が見える
201811142319334af.jpg



岩石の中に なきウサギの可愛いフンが溜まってた
201811142320076c4.jpg



あっちは東ヌプカウシヌプリかね
20181114232005186.jpg



岩石山到着 めっちゃ強風
201811142320118d0.jpg
今日はBK忘れちゃったので


十勝平野だけ撮って
201811142320107cf.jpg



すぐ下りた 下りた所に案内板
2018111423200881e.jpg



急だけど気持ちいい道を上がって行く
20181114232102eed.jpg



ダケカンバが白くて美しい 岩石山バック
20181114232103ca7.jpg



白雲山到着
201811142321004f9.jpg




あっちはさっきまでいた岩石山
2018111423205942f.jpg
やっぱり風が強くてのんびり出来ないので


天望山まで行きますか
20181114232057b97.jpg



然別湖を眼下に見ながら下りると
20181114232230293.jpg



カンバが綺麗な斜面が見えてくる
20181114232228b7c.jpg



天望山との分岐 下りたと思ったら
20181114232227d28.jpg



また登りだ
20181114232226949.jpg
ワタシ達女子大生チームはアップダウンが嫌い


天望山到着
20181114232231529.jpg



ここはそれほど風強くなかったので休憩
201811142323091b0.jpg
最近体重増加が著しいのよねって話になり


じゃあダイエットのためにもっと歩かなくてはとなり
20181114232308d3e.jpg



東雲湖も
20181114232306025.jpg



巡って行こうとなる
20181114232305a7f.jpg




その後は湖畔コースを苔見ながら歩く
20181114232304626.jpg



苔スゴい
2018111423233108f.jpg
天望山との分岐へ向かうつもりだったが


案内板見ると結構時間かかるみたい しかも笹かぶってるし笹濡れてるし
20181114232335350.jpg
分岐からの白雲山への急な登り返しも嫌だし


で結局湖畔コースをトウマベツ口まで歩いて
20181114232334348.jpg
白雲山直下の分岐まで登って士幌高原コースへ戻ることにする
結果的に一周する形になった


今までの過程は忘れ初めて登る気持ちで再スタート
20181114232332e76.jpg
あれは南ペトウトル~?


急な道は撮影なしでいきなり平な所
20181114232337a01.jpg



ここを登れば
20181114232413e4b.jpg



やった~士幌高原コースとの分岐だ~
20181114232412239.jpg



一目散にかけ下りて行く
20181114232410554.jpg



朝とは違う表情の岩石山を眺めて
20181114232409339.jpg



なんだかんだで無事に下山完了
20181114232408592.jpg



屈足温泉で蕎麦食べて
201811142324324f0.jpg
松山千春をBGMに長距離ドライブはYさんにお任せ
ありがとうございました

今日も楽しい1日でした
お疲れ様でした

スポンサーサイト

04

Category: 東大雪

Tags: ---

Comment: 10  Trackback: 0

南クマネシリ岳
4日は朝湯して
美味しいごはんではじまる素敵な朝
201811092153367a4.jpg
山登れるんかなっつうくらい食いすぎた


今日はOさんとYさんと3人
途中までしか行けないかと思われた林道は
鹿の足が1本転がっている登山口まで行けた
201811092153406aa.jpg
届けによると昨日3組登ったらしい
どうも短時間であっさり登れてしまいそうなので林道を戻って


Oさんの計画通り登山口ではない所からスタートする事にする
20181109215339639.jpg



それはここ
20181109215337c23.jpg



ここって川なの?
20181109215342f17.jpg



雪崩跡なの?
201811092154275a0.jpg



土石流跡なの?
20181109215425cc7.jpg
ここって何?


ガラガラした石が歩きづらい 長靴だと足首がツラい
20181109215424904.jpg
いつも登山靴のおかげで楽に歩けてるんだなと思う


急斜面だなぁ
20181109215423c7d.jpg



次は岩ゴロから離れて薄い草斜面を
201811092215497e7.jpg



四つん這いで登ると
20181109215510535.jpg



もうチョイな気配
2018110921551634c.jpg



チョイハイマツ漕ぐと
20181109215515670.jpg



山頂到着
201811092155132dc.jpg



山頂の景色は素晴らしい
201811092155122e8.jpg



ピリベツ、西クマ、昨日登ったクマネシリ
20181109215558f35.jpg



クマネシリから8kmも続く
2018110921555739c.jpg



平坦な台地
2018110921555608d.jpg



これが見たかった
20181109215554daa.jpg



日頃の行いか雲もなく360度見渡せる
20181109215552eb4.jpg



中央辺りがニペソツ
2018110921564118d.jpg



こっちは石狩岳達 奥に見える白い山達は大雪
20181109215640100.jpg



昨日に続き感動的
20181109215646bd9.jpg



いつまでも眺めていたい
20181109215644928.jpg



景色に飛び込むように
201811092156434e8.jpg



名残惜しいが下山開始
20181109215718967.jpg



下りは一般登山道
20181109215721986.jpg



こっちも結構な急斜面
20181109215720279.jpg



薄くてどこでも歩けるから
20181109215715633.jpg



逆に道が見つけづらい
20181109215717bd2.jpg
途中で(遠目に)会ったオジサンにどこの大学だー?と聞かれ
ジジイとババアだーと言うと
俺もだーと返ってきた(笑)


ちょっと、ワタシ達、女子大生に見えたのかしらと
20181109215753522.jpg



盛り上がりつつ下山
2018110921575114c.jpg



登山口からしばらく林道を歩いて下山完了すると
20181109215749e3f.jpg
オジサンが車で下りてきた 聞くと昨日クマネシリで会っていた方だった
ワタシ達女子大生に見えた?と聞くと「見えた」と
んまっ、なんてイイ人なのっ またどこかでお会いしたいですっっ
山の出会いはホントに面白い


ぎりぎり明るいうちに三国峠通過
201811092157555cb.jpg
松見大橋と


残照に染まるクマネシリ山塊見て
2018110921575431c.jpg



中愛別辺りの「山の食房」で味噌ラーメン食べて
201811092158129ec.jpg
楽しかった2日間が終了
両日とも天候に恵まれ素晴らしい旅でした
山と友とすべてに感謝です
ありがとうございました


03

Category: 東大雪

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

クマネシリ岳
文化の日は晴れの特異日らしい
Yさんとクマネシリ岳へ行ってきた

登山口には車2台あった 
20181107152909a7e.jpg
林道も登山道も迷う箇所がある
事前にOさんに聞いていたのでスムーズに行けた ここは左に入ると


こんな感じの所を通過
20181107152908b0a.jpg



あれが登る山だろか?
20181107152906b3e.jpg
しばらく行くと


広い所に出る ここは右に行くように教えてもらっている
201811071529108c5.jpg



あっちだ
20181107152912cf6.jpg
そしてすぐ左折すると


急な登りになる
201811071529461e9.jpg



背後に見えるのはどこだろね
20181107152952578.jpg



ずっと急な斜面
20181107152951dd7.jpg



涼しくて良かった
20181107152949f3b.jpg



だんだん白くなってきた
20181107152948206.jpg



見えてきたのはピリベツだろうか
20181107153040462.jpg



もうすぐ稜線?
20181107153043dd8.jpg



北の景色を眺めてます
20181107153041b53.jpg



シバレてるねぇ これは下りが怖いねぇ
20181107153130c35.jpg



稜線に出ると暖かい
2018110715312909d.jpg



南クマ見えた
201811071531338f8.jpg



ピリベツも見えた
201811071531358af.jpg



平な台地も見える
201811071531328a6.jpg



あとちょっと
2018110715321174a.jpg



あとちょっと
20181107153212dcf.jpg



山頂ついたら7人もいて すぐ後ろからも1人きた
20181107153214230.jpg
結構な賑わいで休むスペースもなく展望も悪いため


三角点だけ撮ってすぐ退散
20181107153254daa.jpg



景色イイ所でBKして
20181107153252044.jpg


崖っぷちで休憩
20181107153258d8c.jpg


南クマネシリ岳素敵
20181107153257acc.jpg
逆光になると緑の光が入るのね


絶景眺めながら下山開始
201811071533360f2.jpg
左・西クマ、右・ピリベツ いつもの反対側から見る○っぱい山新鮮


左端は武利岳みたい 三角は留辺蘂の北見富士?
201811071532558f7.jpg



なきウサギの声が響く北斜面 シバレた下りが怖い
2018110715333349d.jpg



スパイク長靴にして良かった
20181107153334ae4.jpg



急だから下りるの早い
201811071534044a7.jpg



笹ヤブも多少
201811071534028bf.jpg



広場もシバレてる
20181107153401553.jpg
無事に下山終了して


芽登温泉へ向かうと
20181107153407f87.jpg



めんこい犬がいた
20181107153405507.jpg
チェックインするとなんと断水でトイレが使えないと
温泉の中のトイレは使用できるという説明だったが
実は自力でバケツで温泉を汲んで流せという事らしく
先に入浴してた人に教えてもらった お湯の適量まで(笑) 
命に関わらないハプニングは楽しくて好き
歯磨きも温泉?ごはんなし?と思った所で無事に水が出て


美味しいごはんいただきました
20181107153423490.jpg

満足満足




20

Category: 道北

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

北見富士
紋別の北見富士へOさんとYさんと行ってきた
あれが登る山? 教えてもらわないと全然わからない
20181022100207752.jpg



荒れた林道を行ける所まで行って出発
20181022100212274.jpg



ちょっと行くと看板があった
20181022100209f77.jpg
以前登山道があったようだけど今は廃道らしい


砂防ダムの近くに
20181022100210a7b.jpg



石に埋め込まれたような看板
201810221002134c8.jpg



前の前の写真と同じかと思ったら
201810221002562da.jpg
別の砂防ダム


右横っちょから沢が現れて
20181022100253737.jpg



それを過ぎて少し登ると道っぽくなり
201810231111162ab.jpg
千間の滝→ と書かれていたらしい看板を


通りすぎ直進して行く
20181022100251142.jpg
まあまあ歩きやすそうに見えるけど


振り返るとこんな道
20181022100252104.jpg



広い所に出て
20181022100346e8b.jpg



赤い看板
201810221003477fd.jpg



快適な道 山頂まで続いて欲しい
201810221005229b6.jpg



そんな願いは
201810221005241df.jpg



叶わず
20181022100527b0c.jpg
頂上までの2kmは


このような
20181022100525fe0.jpg



快適じゃない道
201810221005288e3.jpg



頂上まで1kmも
20181022100603cde.jpg




20181022100600216.jpg



笹が当たって顔が痛い
20181022100558def.jpg



永遠に山頂に到着できないのではないかと
20181022100602d71.jpg
思いはじめた頃


いきなり山頂についた
20181022100559c79.jpg



良かった~
20181022100725ec1.jpg



あれはチトカニウシ山?
201810221007243c6.jpg



こっちは北見方面??
2018102210072865c.jpg



こっちは何を撮ったんだっけ?
20181022100730fa8.jpg
オホーツク海と紋別の街が見えたよ


苦労して登った山でのBKは格別
201810221007268d0.jpg
いつも素敵なポーズをしてくれるYさん


もう来る事はないだろうと思う山頂をあとにして
20181022100814f2c.jpg



また笹と障害物と戦いながら
20181022100815f8b.jpg



下山します
20181022100811af6.jpg



Yさん撮影の自分 腰曲がってる 登りより下り・平らが痛いタイプの腰痛
2018102210081268a.jpg
最近薬効かないもう限界か 婆さんだから


紅葉してる山
20181022100810412.jpg
1人では行けない山登らせてもらえて感謝
Oさんありがとうございました
Yさん運転ありがとうございました
コクワ美味しかったですね
お疲れ様でした




14

Category: 道北

Tags: ---

Comment: 10  Trackback: 0

ポロナイポ
晴天の日曜日Yさんとウエンシリ岳行く
キャンプ場から登り中央登山口に下りて自転車で戻る予定

キャンプ場スタート
201810152128124c7.jpg



今日は紅葉が凄い
20181015212809c97.jpg



紅葉狩りだよ
20181015212811dc1.jpg



氷のトンネルコース分岐
20181015212806baa.jpg



モデルさんいると狭さがわかるかな
20181015212808378.jpg



岩場をキャーキャー言いながら登り
2018101521295516d.jpg



振り返っても良い景色
201810152129528e3.jpg



素晴らしい紅葉に
20181015212953811.jpg



見とれる
20181015212951733.jpg



ダケカンバの白さや
20181015213049d1d.jpg



岩登りを楽しみながら
201810152130527b4.jpg



山頂はもうすぐ
20181015213050511.jpg



ウエンシリ岳到着
20181015213047a35.jpg



今日は鬱岳もオホーツク海も見える
20181015213310f4b.jpg



少し休憩してポロナイポへ向かいます
20181015213413dd6.jpg



後ろはウエンシリ結構下る
20181015213415a6a.jpg



谷の紅葉が
20181016091105ea3.jpg



美しくてなかなか進まない
2018101521341833f.jpg



この辺から熊のフンがポツポツ
201810152134198a0.jpg



山頂直下には今したっぽいフンが
20181015213524985.jpg



ポロナイポ岳到着
20181015213521809.jpg
踏み跡があったのでまだ先なのかと進んでみるがヤブで行けず戻ると
単独男性が到着したので「ここがポロナイポですよね?」と聞いてみるが
知らないで来た様子 しっかりしたヤツ誰もいない山頂(笑)


とりあえずここだろうとBK
20181015213523acc.jpg



ウエンシリ岳
20181015213519601.jpg



北尾根 西斜面の紅葉も綺麗
20181015213520f5e.jpg
帰りも長いので下山開始


笹刈の切り口と熊に怯えながら登り返しに耐えて分岐
20181015213742aa6.jpg



北尾根コースを下りる
2018101609334559f.jpg



白いダケカンバが綺麗だ
201810152138378da.jpg



北尾根コースは長いなー
20181015213835d1f.jpg



振り返るとポロナイポが見える
20181015213836d3e.jpg



長いよ長いよ
20181015213839017.jpg



でも紅葉が素晴らしくて
2018101521384098d.jpg



写真撮ってばかりで
20181015214029715.jpg



進まない
2018101521403027c.jpg



長いけど素敵な道だ
2018101521403194b.jpg



左が下川コースとの分岐
20181015214033a0a.jpg



まだ4キロあるって 長いよ
2018101521403418d.jpg



でももう登り返しはなくなるよ
2018101610260384c.jpg



肉眼では綺麗だったのにスマホじゃ綺麗に撮れない
20181015214133752.jpg



三角に見えるウエンシリ
2018101521413260d.jpg



あれは札滑岳かなぁ
20181015214136df3.jpg



こっちのコースも急な所ある ロープが何ヵ所か
2018101521413859a.jpg



長い、膝痛い、と言いながらも女子トークしてるうち
20181015220242882.jpg



気がつけばもう登山口
20181015214304ea9.jpg
下りるとポロナイポで会った男性がいて林道で熊を見たと
自転車で帰るワタシ達を心配して待っていてくれたそう
先に車で走ってもらうことにして出発するがこれまたシンドイ
車に遅れては申し訳ないと思うからYさんも尋常じゃないコギっぷり
ずっと下り坂、時速何キロ出てたのか止まって写真を撮る事もできず
所々ある砂利に苦しめられ、定間隔で横断している路面排水
もしグレーチングがズレてたら転倒だ死ぬ~とブレーキかけて下りるが
Yさんは猛スピード、ノーブレーキに見える 後で聞いたらブレーキしたよ
車に追突しそうだからと言っていた
最後登りは押して歩く Yさんは立ち漕ぎ 本当に膝痛いのかい?

激チャリのおかげで10分くらいで車に到着
20181015214306606.jpg
山より自転車の記憶が強く残った日でした
先導して下さった方ありがとうございました


お風呂入ってマグロの漬け丼食べて
20181016110836b62.jpg
楽しい1日でした
お疲れ様でした(笑)



05

Category: 東大雪

Tags: ---

Comment: 10  Trackback: 0

ニペの耳
寒くなってきました 朝の気温は0度

夜明け前の西クマ・ピリベツ 三国峠から
20181007112506b29.jpg



登山口 砂利が堆積し看板が地面スレスレになっていた
20181007112505716.jpg
トイレに入ってる間に道外のご夫婦1組が先行してった


紅葉してる斜面を眺めながら
2018100711251040a.jpg



急な道を歩く ニペソツ山が綺麗に見える
20181007112549173.jpg



音更山との分岐到着
201810071125506c4.jpg



石狩岳に向かいます
20181007112547dfe.jpg



所々霜柱 朝寒かったもね
20181007112544ff1.jpg



日が当たると暖かい
20181007112546c85.jpg



看板がある1966到着
20181007112636600.jpg



1967へ向かいます
20181007112637bd6.jpg



誰もいないので撮るものは景色と自分の影だけ
201810071126338e0.jpg



1967 石狩岳到着
20181007112634320.jpg



中央奥 ニペの耳へ向かいます
20181007112639c42.jpg



歩いたことない道はとても楽しみ
20181007112718b5e.jpg



見たことない景色に写真撮りまくりでなかなか進まない
201810071127173de.jpg



これが小石狩?
2018100711271438d.jpg



それともあっちが小石狩?
20181007112715097.jpg



わかんないけど イイ景色
201810071127128f5.jpg



尖ってるのが素敵
201810071128020b9.jpg
でもこの山撮った写真には全部緑色の光が入り込んでいる 霊現象?


ハイマツの斜面が綺麗だな
20181007112807326.jpg



平らな川上岳
20181007112808da9.jpg
この辺から熊フンがポツポツ現れる


近づいてくる目的地 
20181007112804aa9.jpg



谷が綺麗だな
201810071128051be.jpg



誰もいない道をヒーコラ歩いて
201810071130018a3.jpg



1895 ニペの耳到着
20181007112959dae.jpg
何もない山頂に石を立ててみました


素晴らしい展望 クマネシリ方面かな
20181007113000c00.jpg



ニペソツ山
201810071130034be.jpg



石狩岳バックにBK 
20181007113115a48.jpg
歩いてきた道がよく見える


十勝連峰、トムラウシ、忠別岳
2018100711300446c.jpg
日向ぼっこしてのんびり 休憩中は熊予防にラジオ聴く  


いつか歩いてみたい沼の原までの縦走路にサヨナラして
20181007113113b7b.jpg



帰ります
20181007113118689.jpg



帰りも結構アップダウンあってウペペサンケを思い出す
20181007113119d5a.jpg




川上岳を下りるとすぐにあるテン場
2018100711311600a.jpg



きっと日の出が素晴らしく見えそうな所
20181007113153418.jpg



また登り
201810071131554ec.jpg



こんな
20181007113156656.jpg



ギザギザした所
2018100711315824a.jpg



好きだわー
20181007113152b94.jpg



遠くに十勝連峰
20181007113246eb2.jpg




白いダケカンバ
2018100711324836d.jpg



まだまだギザギザは続くよ
20181007113249b51.jpg



ヤバいわー
20181007113251490.jpg



ここからの景色ヤバいわー
20181007113334d8c.jpg
熊でもいいからモデルさん欲しかったわー


小石狩岳付近だと思うんだけど良くわからない
20181007113337136.jpg



石狩岳に戻って
20181007113335275.jpg



1966へ戻ります
2018100711335838f.jpg



その前に振り返って余韻に浸る
20181007113401657.jpg



1966へ戻ると道外からきた単独男性がいた
201810071134009bd.jpg
色々喋ってるうちに時間がおしてきたので


急いで下りたら膝痛くなった
20181007113403dc9.jpg



帰り道 三国峠から西クマ・ピリベツ
201810071134042a5.jpg


前々から行ってみたかったニペの耳
天気に恵まれ良い山でした






24

Category: 道東

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

仁頃山
3ヶ月ぶりのYさんとの山は
遠くてなかなか行けなかった仁頃山
作業道に迷いこんだりしながらもなんとか登山口到着


登りは奥新道と言うコース?
20180925214419772.jpg



滑る橋を渡って出発 
201809252144162fa.jpg
対岸へ渡るとすぐ急な登りになったり


すぐ平になったり登ったり
201809252144178d1.jpg



下ったりめまぐるしく変化する 「何このコース!」
20180925214413b3c.jpg
Yさん「(夏山ガイド見て)「変化あるコース」だからってここにしたしょ」
あ、そうだった。さっき自分が言った事もう覚えてないという(笑)


でも木が濃くて薄暗くてイイ道だわぁ
201809252144140cb.jpg



道幅広めで良く整備され
20180925214506935.jpg



歩きやすい
20180925214507cc8.jpg



あっという間に人工物が並んだ
20180925214510cd5.jpg



山頂に到着
20180925214509a3d.jpg



似頃山 829.28m 一等三角点本点
20180925214512cd0.jpg



風が強くて寒いので人工物の陰でBK
20180925214556a9b.jpg


霞んでいるけどまあまあの展望で
地元の方があれが○○山だよ、あれは○○岳だよと教えてくれた
20180925214554562.jpg
けどどれが何なのかワタシにはよくわからなかった(笑)


Boxのノートに何か書いてるYさん
20180925214551d3c.jpg
下山開始


下りは西尾根コース ワタシの古い夏山ガイドには載ってない
20180925214553aee.jpg



地元の方によると下りで使うには良いコースとの事
201809252145505ca.jpg
結構アップダウンあって


面白いコース
20180925214625337.jpg



木がいっぱいで薄暗いのもイイ
201809252146223b1.jpg



時々遠くに山頂が見える
20180925214623e8d.jpg



最後はずっと急な坂が続き 登りで使わなくて良かったね
20180925214626dda.jpg
登りの倍の時間かかって無事に下山


富里ダムでちょっと紅葉感じて
2018092521462704a.jpg



遠別つるつる温泉でツルツルになって帰りました
20180925214648a3b.jpg

往復ロングドライブしてくれたYさんありがとうございました

仁頃山イイ山でした