1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

    


プロフィール

管理人

Author:管理人
日本在住
中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
13

Category: 里山ほか

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

丸山
体調不良の職員の代打で休日出勤が
多かったこの頃 体調管理気を付けよう
さて今日はずいぶん昔から気になってた

芦別の丸山に行ってきた
2017111316073329a.jpg
38号線通る度いつも目が釘付けになる山


林道のゲートは閉鎖中 
20171113160902000.jpg



ハンターに撃たれませんように
20171113160931aff.jpg



駐車した所から山頂まで3km弱 
20171113161019b7a.jpg
途中倒木あり車は通過出来なそう


はじめは天気良かったが
20171113161040b5f.jpg



徐々に雲ってくる 山見えた
2017111316105526d.jpg
林道歩き終了


あとは標高差150m程度登るだけ なんか道ある雰囲気
20171113161138838.jpg



でも倒木で寸断
20171113161157363.jpg



ここも道っぽい
20171113161215cbc.jpg



でもすぐ倒木が塞ぐ 道の意味なし
20171113161232eee.jpg



面倒臭い 藪ないので真っ直ぐ登る
201711131612498d2.jpg
問題点は掴む木の多くが枯木で頼りにならない事


振り返って見えるあの山は何山かな
20171113161306e46.jpg
木に付いてた雪が融けて落ちてきて全身べちゃべちゃ


そろそろ山頂近いムードになり
2017111316132473d.jpg



到着 凄い高度感 
20171113161349bd7.jpg
高所恐怖症なので動けない


十勝連峰?芦別岳?白い山バックにBK
2017111316140852f.jpg



こわくてこれ以上先は覗けない
20171113161424583.jpg



山頂付近にスパイク長靴の跡があった 反対側から登ってきたのかな
20171113161438ef8.jpg
下山時少しそっちへつられてしまいそうになったが


修正して一気に下りる 
20171113161452b93.jpg
雪ある時期の方がおりるの楽そうな斜面


短時間で登って下りれる楽しい山だった
2017111316150740a.jpg
長年気になってた山登れて嬉しかった

気になる山はまだいくつかある



スポンサーサイト

05

Category: 南日高

Tags: ---

Comment: 12  Trackback: 0

楽古岳
最後の遠出4連休とってたが諸事情あり色々変更
5日朝4時過ぎ家を出る 南富良野辺りが一番雪多かった
トマムから利用した高速は忠類村と大樹町の間まで伸びていた


その後天馬街道を走り林道は9kmくらい あのトンガリが楽古岳かなぁ
01_20171106172552be7.jpg



楽古山荘に到着したのは9時 誰もいない
02_2017110617255408b.jpg
1台くらいはいるだろうと思ったんだけどな 


ガンガン鐘鳴らして出発
03_2017110617255588a.jpg



すぐ川渡る
04_2017110617255611a.jpg
何度か渡渉あるので登山靴担いでスパイク長靴で行く


イイ雰囲気の道だったようなのに
05_201711061725589b6.jpg



去年の台風で荒れた模様
06_20171106172616f42.jpg



渡渉4、5回水多かった 今日は寒い濡れたら終わり慎重に渡る
07_20171106172618e5a.jpg
時間掛かった 渡渉嫌い 川歩き苦手


ここで長靴デポ登山靴履き左の斜面に取り付く
08_20171106172619257.jpg



てんくらでは山頂-7℃風速15mくらい 
09_20171106172620ae8.jpg
良いほうに予報が外れてくれることを願って来たが風強く寒い


見えるのは1317m地点かな あそこで止めようかな
10_20171106172622078.jpg
いやいや5時間も運転してきてそれはない 


青空だけが救い
11_20171106172637252.jpg



たぶん右が目的地
12_201711061726397fa.jpg



振り返るとだんだん天気が悪くなってきてるムード
13_2017110617264053b.jpg



暗くなる前に下山したいと気が焦る  
14_2017110617264232d.jpg
出発が遅過ぎたやっぱり昨日現地入りするんだったと後悔 この辺とても辛かった


タイムリミットまでわずか 山頂が見えた 綺麗な三角
15_20171106172643b49.jpg



地面は凍りついている 点々と雪もあるがアイゼンは不使用 
16_20171106172657e70.jpg



隣りの1365P 広尾岳も見えてるのかな
17_20171106172658d9d.jpg



ハアハア言いながらハイマツかき分けて
18_20171106172700289.jpg



なんとか到着
19_20171106172701355.jpg
1471.4 面射岳 1等三角点本点 


残念ながら曇ってしまったけど 十勝岳から北方面
20_20171106172703808.jpg



この辺はまだ白くない
21_20171106172724c4e.jpg



広尾町方面かな 自信なし
22_20171106172725958.jpg



たぶん広尾岳方面 自信なし
23_2017110617272773f.jpg



遠く見えるのは豊似岳? 自信なし
24_20171106172728e73.jpg



休憩する環境でない中BK(一口のみ)
25_20171106172730108.jpg
顔痛い目出し帽装着 防寒テムレスでも手が痺れる


看板の裏も確認して
26_20171106172748cd2.jpg



すぐ下りる 完全冬装備でも寒い
27_20171106172749454.jpg
こんな所で動けなくなったら即遭難なので慎重かつスピーディーに下りる 


苦手な川歩きもなんとかこなし予定より早く下山完了
28_201711061727511a4.jpg
翌日休みなので泊まり準備してたが車中泊は寒くて狭いので
結局また5時間運転して20時無事帰宅した

登りたかった楽古岳登れて嬉しかった







28

Category: 里山ほか

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

640
Oさんが近間で朝活するとの事でご一緒させてもらう
午後から孫と遊ぶ約束 早朝短時間登山が好都合


早朝出発
01_20171106121527d3d.jpg
行く先の山は真っ暗 下草はシバレてる


前日時間なく地図印刷できず 
02_201711061215286f2.jpg
呆れられるが他人任せ登山は毎度


薄い藪にうっすら雪
03_20171106121529c7d.jpg



伐木集材の為の道?下山時には錆びたワイヤーも見た
04_20171106121531981.jpg
もちろん道は歩かず笹の中歩行


笹は細くて案外歩きやすかった この辺の山はネマガリがない?
05_20171106121533a9e.jpg



そろそろ頂の雰囲気 笹薄い
06_20171106121551ac6.jpg



山頂は木がなければ良く見えそうな感じ
07_201711061215538e2.jpg



樹木の間から芦別が見えるが写らず
08_20171106121554433.jpg



三等三角点 来霧岳 でBK
09_201711061215566ca.jpg
設置された頃は見晴らしよかったんだろうな


結構岩岩な山 上から落石させ危険な目に遭わせながら下山
10_2017110612155788c.jpg
下りても草はシバレたままだった

ちょっと薄めだったけど藪はやっぱり面白い
精神鍛錬にも効くので良いですね
Oさんありがとうございました




27

Category: 道央

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

羊蹄山
26日28日が休み なんで連休にしてくれないんだよ
あ、そうか27日も休んで3連休にしなさいと言う意味か
と解釈して有給休暇を取り羊蹄山へ


真狩コース出発
1001_201710292239077fa.jpg
登りたいと思った事なかった山 降雪後の平日だから空いてると思い来てみた


めっちゃ天気イイけど誰もいないよ
1002_201710292239082cf.jpg



素晴らしい青空だよ
1003_20171029223909c25.jpg
しばらく林の中歩くが徐々に見晴らしは良くなる


振り返ると見えるあの尖った山は昆布岳?
1004_20171029223911336.jpg



急な登りなくゆるい道が続く
1005_2017102922391273a.jpg



あれは洞爺湖かな
1006_20171029223940760.jpg



7合目くらいからチラチラ雪出てくる
1007_201710292239429bd.jpg
雪は硬くて数日前のトレースは氷結


岩と雪の混合な道 8合目から横移動 
1008_201710292239439d9.jpg



昆布岳と思う山の後ろに見えるのは何山なのかな
1009_201710292239455df.jpg



9合目辺りは結構な積雪あった 日が当たらない部分は粉雪 
1010_2017102922394679c.jpg



避難小屋あったが寄らず
1011_2017102922401001c.jpg



外輪手前の気持ちよい箇所の
1012_201710292240112f7.jpg



硬雪登る アイゼン持ってったけど最後まで使用せず
1013_201710292240136dc.jpg



快適気温で無風な分岐到着
1014_20171029224014a6c.jpg



右から行こうか
1015_20171029224016767.jpg



左から行こうか悩んで
1016.jpg



左から行く 旧避難小屋跡を経由して
1017.jpg



遠くに比羅夫コース方向へ動く物体(たぶん人間)を目撃したりしながら
1018.jpg



北側へ
1019.jpg



こっちは倶知安とかの方向なのかな
1020.jpg



東へ向かうと三角点1892.7があった
1021.jpg
真狩岳 1等三角点本点 


山頂標識はあと200mくらい
1022.jpg



影と雪が綺麗 
1023.jpg
イイ時期に来たものだと感激しつつ


1898到着 誰もいない
1024.jpg



洞爺湖バックにBK
1025.jpg



あれは尻別岳かな 凄い景色だね
1026.jpg



次は喜茂別から登りたい
1027.jpg



帰りは岩岩コース
1028.jpg



トレースと白いペイントあり迷うことなく
1029.jpg



快適
1030.jpg



雪も柔らかくなり下山も快適
1031.jpg



最後まで誰にも会うことなく 超快適な山だった
1032.jpg

真狩の道の駅のトイレは
細川たかしの歌が聴けてgoodでした




18

Category: 里山ほか

Tags: ---

Comment: 10  Trackback: 0

雨龍山
平日休み用事があって雨竜行く
なんとか時間作り山へ 夫婦山か雨龍山か悩んで

雨龍山に 冬に何度か来てるが
201710182208268ca.jpg
夏来た事ない 上まで行けるのか


墓地抜けるとお地蔵さんがいる
201710182208498f8.jpg



落ち葉の道路を少し行くと
201710182209290a9.jpg



色々建ち並んでいる所に着き
20171018220932112.jpg



その裏に
2017101822093100e.jpg



送電線が通ってて
20171018221026287.jpg



下草刈られてるが目的地までは刈られてない
20171018221027360.jpg
踏みあと探すが見つからない 鹿道入るが葡萄の蔓が酷く


すぐそこなのにたどり着けない しばらくウロウロして
20171018221023700.jpg
冬に歩く所らへんの笹藪に入ると


ポールが落ちていた 
20171018221024306.jpg
こんな所誰か来るんだぁ 三角点マニアかな


ポールは鉄塔のそばの木に掛けておいた
20171018221114dbc.jpg



笹は薄めで30mくらいの幅
201710182210293bc.jpg
濡れるのでポールでかき分けながら行く


西側に出ると歩きやすい草に変わった
20171018221117a78.jpg



見覚えのある地点を山頂として
20171018221115884.jpg



時間もないのですぐ戻る
201710182211122da.jpg

1等三角点の山だけど見た事ない
今度探してみよう



15

Category: 樺戸山地

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

神居尻山
今日は久しぶりに神居尻山
麓で植樹祭みたいのやってた

カメラを忘れたのでスマホ撮影
201710151508019b3.jpg
風強いけど人はいっぱいいた


山頂あたりは雪がちらつき超寒かったのでさっさと下りる
20171015150815397.jpg
途中で寒いのか怖いのか、小さい子が泣いてて
思わず婆ちゃんがおぶってやるかと言いたくなるが


孫が来るので急いで帰る
20171015150831a09.jpg
逃げずにチョロチョロしてたリス


まあまあな紅葉
201710151508468a2.jpg

孫は1人でもうるさいのに3人いっぺんに来ると
耐え難いうるささ 精神鍛えるのにはイイかも

スマホで撮るとPC開かないでイイからアップが楽チンだ



08

Category: 東大雪

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

前天狗
最初の計画は石狩からのニペの耳だったが
幌加温泉コースが整備されたという情報があったため変更

早くつき過ぎて暗い内出発したら道間違ってしまった
501.jpg
アバウトな整備だったんだなー 意外とワイルドなんだなーと思ってたら


隣に笹刈りされた立派な広い道があった 笑
502.jpg
今回同行者はi-tomoさん


立派な道を行くと三条沼 他にもあるはずだったけど見えなかった
503.jpg



木々の隙間からウペペサンケが見え出した
504.jpg



ここからしばらく平らな針葉樹林帯で森林浴
505.jpg



ハイマツが現れてくるようになる この辺からシャクナゲ尾根?
506.jpg



展望台という所か ニペソツ山がばっちり見える 足元注意
507.jpg



1662Pへ向かう
508.jpg



笹刈ありがとうございます こんな急斜面刈るの大変だったことでしょう
509.jpg
(超滑りました わがまま笑)


振り返ると雲海が美しい
510.jpg



1662Pから見るニペ、天狗平?前天狗
511.jpg



右に西クマ・ピリベツ
512.jpg



左奥は石狩連山だよね 
513.jpg
手前に見えるのは小天狗なのかな 山肌のカンバの白が美しい


前天狗までの道はよく見えない 
514.jpg



一旦下がった所で五勝手屋羊羹いただく美味し
515.jpg



この辺超気持ちいい ここから先は道がはっきりしないので適当に登る
516.jpg



ロープもあったりして意外と急
517.jpg



ずっとこんな感じ 気持ちいい
518.jpg



振り返るとイイ雰囲気
519.jpg



行けども行けどもこんな感じ 気持ちいい
520.jpg



いいねぇ でも落石注意
521.jpg



最後もロープあり 気持ちいい
522.jpg



登りきると石狩連山
523.jpg



その奥には少し白くなった大雪~トムラ~十勝連邦
524.jpg



でも気になるのはウペペサンケ 白くない
525.jpg



ニペどーん 白くない わかってたけど白いの見たかった
526.jpg
時間はあったが前天狗までのコースを歩くことが目的だったのでニペには向かわず


最近初登頂の山のみにしてるBK 
527.jpg
i-tomoさんに美味しいの頂いちゃったので 笑


しばらくニペ眺めて前天狗へ戻る
528.jpg



前天狗は初登頂 三角点のようなものと 石柱がおいてあった
529.jpg



下山開始すると単独の男性が登ってきた
530.jpg
今日は人が沢山くるだろうと思ったのに誰も来ず 貸切かと思ったらやっと来た


急な所を下り終えて1662P手前の楽園 ここは本当に気持ちよい場所だった
531.jpg



帰りも長い
532.jpg



さよなら前天狗
533.jpg



こんにちは笹 めっちゃ滑るから笑 
534.jpg
目の前に見える西クマ横の長い平らな稜線が気になる


この草は綺麗な色だったな なんて草だろう
535.jpg



行きで迷った道も帰りは迷うことなく無事下山完了
536.jpg
朝は暗くて気づかなかった林道の起伏が明るいとよく見えてちょっとビビッた
やっぱり林道走行がネック でも2kmなので歩いても行ける距離ですね


i-tomoさん ありがとうございました お疲れ様でした
2017101212501442d.jpeg



i-tomoさんが送ってくれた写真追加しました
20171012123815a2e.jpeg
やっぱりガニ股