FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2020

プロフィール

S

Author:S
日本在住中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
11

Category: 東大雪

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

ユニ石狩岳
10月10日は晴れの特異日なのに孫の学芸会で山行けず
11日はYさんHちゃんMちゃんと4人で女子会
ユニ石狩岳へ

広く笹刈りしてくれてる道スタート
DSC_2049_convert_20201012213008.jpg



前日のニペソツの疲れも見せずパワフルな人達
DSC_2054_convert_20201012213035.jpg


ニペソツに雲がかかってきた やっぱり昨日の方が天気良かったね
DSC_2061_convert_20201012213241.jpg


クロウスゴの実をつむMちゃん 可憐
DSC_2057_convert_20201012213144.jpg


山猿? いえ女豹です
DSC_2058_convert_20201012213214.jpg


この辺、実がいっぱい 秋はイイね
1602506719735_convert_20201012215130.jpg


5年くらい前に歩いてるけど記憶ないガスだったし
DSC_2062_convert_20201012213309.jpg


笹原なんてあったかな~あったかも
DSC_2064_convert_20201012213332.jpg


十石峠着
DSC_2066_convert_20201012213357.jpg


おーユニ石狩晴れてる
DSC_2067_convert_20201012213419.jpg


晴れてる内に着きたいね
DSC_2072_convert_20201012213505.jpg


後ろは音更山方面 大きい
line_926811183528215_convert_20201012215435.jpg


風が冷たくなってきたと感じる頃
DSC_2073_convert_20201012213534.jpg


山頂到着
DSC_2083_convert_20201012213715.jpg


音更山
DSC_2079_convert_20201012213626.jpg


白い表大雪見ながら いつものように山とは全然関係ない話で盛り上がり
DSC_2084_convert_20201012214153.jpg


greatな景色に飛び込むように下りる
DSC_2086_convert_20201012213738.jpg


ダケカンバも美しかった
DSC_2088_convert_20201012213801.jpg
また美味しい実をつまみ楽しく下山
翌日の○んこの色が心配になったが確認するの忘れた
10kmくらいと思ってたら12kmあったのね お疲れ様でした

超楽しかったです
ありがとうございました
また行きましょう



スポンサーサイト



04

Category: 表大雪

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

沼ノ原山
今年笹刈りしてくれてるのでGoTo沼ノ原

クチャンベツの登山口開いたのは何年ぶり?
DSC_1998_R2_2020100510280413a.jpg


なんか前歩いた道とは違う感じだけど川渡り
DSC_2000_R2.jpg


丁寧な倒木処理 ありがとうございます
DSC_2002_R2.jpg


曇り空ではあるが雰囲気良い道を
DSC_2006_R2.jpg


道草しながら行くと
DSC_2007_R2_202010051029214e0.jpg


湿原に出る
DSC_2011_R2.jpg


木道は歩きやすいねぇ
DSC_2012_R2.jpg

イイ景色だわぁ
line_547864697843503.jpg


こちらは石狩連山
DSC_2013_R2.jpg


向かうのはあっちの方
DSC_2014_R2_20201005102958176.jpg


分岐 右は五色岳方面 左行く
DSC_2016_R2_20201005103046808.jpg


広く笹が刈られている ありがとうございます
DSC_2017_R2.jpg


また分岐 左は石狩岳方面 右行くと
DSC_2019_R2.jpg


見えてくる沼ノ原山
DSC_2021_R2.jpg


美しい形
DSC_2022_R2_20201005103124c97.jpg


見えているのはトムラウシ?
DSC_2023_R2.jpg
ここら辺怖かった 笹刈り大変だっただろうに ありがとうございます

ヌプントムラウシ温泉へ続く道の
DSC_2028_R2.jpg


途中から沼ノ原山に向かって登る 急
DSC_2029_R2_202010051032219e4.jpg


道はあるようなないような
DSC_2030_R2.jpg


ピンクテープを見つけながら
DSC_2031_R2.jpg


徐々に近づいて
DSC_2033_R2_20201005103418cfb.jpg


到着 あれ標高が全然違うな
Screenshot_20201004-102942_convert_20201005104956.png


BK大きめ
DSC_2034_R2_20201005103416958.jpg


ニペソツ方面 雲
DSC_2036_R2.jpg


トムラウシ方面だったかな 雲
DSC_2038_R2_20201005103454122.jpg


平らな沼ノ原方面目掛けて
DSC_2039_R2.jpg


急斜面下りる
DSC_2044_R2.jpg


少し青空
DSC_2048_R2_20201005103608cfe.jpg


左 トムラウシ 右 忠別
DSC_2054_R2.jpg


石狩山スッキリ見えた 猫の耳みたいなニペの耳
DSC_2059_R2_202010051037011dc.jpg


さよならトムラまた来年
DSC_2062_R2.jpg

黒岳の湯でさっぱりして帰宅
お疲れ様でした
ありがとうございました


30

Category: 十勝連峰

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

三峰山
9月最後の休みは紅葉見に十勝連峰へ
最近は山行く気がさっぱり起きない
誘いがないと山登りしなくなると思われるレベル

出発時寒かったが
DSC_1998_R2.jpg
すぐに暑くなる

お知り合いとちょっとお話
DSC_2001_R2.jpg


300階段は800段くらいあるみたいよ
DSC_2007_R2.jpg


バケモノ岩 紅葉してる
DSC_2009_R2.jpg


背後に富良野岳
DSC_2014_R2.jpg


気持ち良い空気 上富良野岳到着
DSC_2016_R2.jpg


十勝側は雲海
DSC_2020_R2.jpg


The三峰山 こっち側から行った事あったっけな
DSC_2022_R2.jpg


草紅葉と十勝岳
DSC_2026_R2.jpg


三峰山到着
DSC_2029_R2.jpg


噴煙が多い気がするのは気のせい?
DSC_2033_R2.jpg


遠くに芦別岳とか夕張岳とか
DSC_2034_R2.jpg


チングルマと十勝岳
DSC_2038_R2.jpg


ウラシマツツジと富良野岳
DSC_2042_R2.jpg


ここからの景色好き
DSC_2047_R2.jpg


下の方は
DSC_2048_R2.jpg


紅葉見頃
line_543756283388664.jpg


何度来ても
DSC_2057_R2.jpg


また来たくなるねぇ
DSC_2058_R2.jpg


平日は空いててイイわぁ
DSC_2059_R2.jpg

カミホロ荘で温泉して帰ります
お疲れ様でした
ありがとうございました

27

Category: 夕張山地

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

夕張岳
YさんとHちゃんと3人で女子会
ホントは別の山予定だったけど天気が悪いので
9月いっぱいで通行止めになる夕張岳に行ってみた

大夕張コース こっちから登るの久しぶり
DSC_1933_convert_20201002201809.jpg
冷水コースを登り 馬の背コースを下ろうか

ワシワシ登る2人に必死についてく 案外ボウボウ
DSC_1937_convert_20201002201832.jpg


シラネアオイ畑らしい 春咲いてる時に来てみたい
DSC_1939_convert_20201002201857.jpg


望岳台 曇りだけど結構見える
DSC_1941_convert_20201002201925.jpg


そろそろ前岳湿原? 
DSC_1948_convert_20201002201953.jpg


アレはガマ岩
DSC_1951_convert_20201002202016.jpg


コレは男岩だっけ
DSC_1952_convert_20201002202045.jpg


ガマ岩 蛇紋岩メランジュ帯の中のブロック 玄武岩らしい?
DSC_1957_convert_20201002202133.jpg


ひょうたん沼 あっちから見るとひょうたんぽい
DSC_1958_convert_20201002202157.jpg
ここら辺で何か臭った 誰かすかしっ屁したのか?

青空だったら
DSC_1959_convert_20201002202225.jpg


綺麗なんだろね
DSC_1962_convert_20201002202257.jpg


アレは釣鐘岩なのかなぁ
DSC_1965_convert_20201002202326.jpg


吹き通しに到着 春ならユウバリソウ見れるのに
DSC_1969_convert_20201002202353.jpg


秋はちょっと寂しい
DSC_1971_convert_20201002202418.jpg


雲と芦別岳
DSC_1973_convert_20201002202441.jpg


神社~ もうちょいで
DSC_1975_convert_20201002202507.jpg


山頂到着
DSC_1985_convert_20201002202809.jpg


7.2キロもあったんだ しゃべくってたらあっという間
Screenshot_20200927-092704_convert_20201002211141.png


山頂からの景色は
DSC_1978_convert_20201002202556.jpg


雲海が綺麗だった
DSC_1979_convert_20201002202620.jpg


どこをどう撮ったのか
DSC_1980_convert_20201002202643.jpg


覚えてない
DSC_1986_convert_20201002202911.jpg


山頂にいたお兄ちゃんに撮ってもらったら
received_332536961139972_convert_20201002211117_convert_20201006215544.jpeg


帰ります
DSC_1981_convert_20201002202714.jpg


たまに赤いのもあり
DSC_1990_convert_20201002202938.jpg


2つ並んだヒュッテ見て
DSC_1992_convert_20201002203005.jpg


落ちてるコクワを拾い食いしたりしつつ下山完了
DSC_1993_convert_20201002203036.jpg
Hちゃんとはここでお別れして

今日の温泉は桂沢の湯の元 昭和ちっくな雰囲気良かった
DSC_1996_convert_20201002211209.jpg
合鴨そば美味かった
Yさんは「かもおいしいかも」と昭和的なシャレを連発しながら3口で完食

楽しい女子会ありがとうございました
また行きましょうね
お疲れ様でした


20

Category: 表大雪

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

旭岳
世間は4連休らしいが私の休みは1日だけ
心の狭い自分は連休なんか大雨降ってしまえと願う
そんな1日だけの休みに山に登りたいと遠方から
中学時代の同級生がやってきたので北海道最高峰の旭岳にお連れした
富士山に登りたかったが今年はコロナの影響で登れないようだ

今日の山頂は4度 風もあるため体感温度は-6度らしい
DSC_1911_convert_20200930221758.jpg
初登山&何十年も内地暮らし この寒さに耐えられるか?

天気イマイチなのに人多い ロープウェイの駐車場も満杯
DSC_1914_convert_20200930221822.jpg


姿見の池
DSC_1915_convert_20200930221845.jpg


前も後ろも人人人
DSC_1916_convert_20200930221909.jpg


ちょっと青空見えるかな~ 風強くなってきたよ
DSC_1918_convert_20200930221933.jpg


あららガスに突入
DSC_1919_convert_20200930221955.jpg


山頂激混み 標柱の前写真撮る人の行列に並ぶ こんなの初めて
DSC_1921_convert_20200930222018.jpg


ちょっと休憩して下山開始 9~7合目辺りがなまら寒かった
DSC_1924_convert_20200930222045.jpg


下りたら雲がかかってきてちょうどイイ時下りた
DSC_1927_convert_20200930222123.jpg


紅葉は光がないからかパッとせず
DSC_1929_convert_20200930222146.jpg

眺望も紅葉も見れなかったけど友人は満足してくれたようだ
埼玉でも山登りしてや
お疲れ様でした



12

Category: 里山ほか

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

温根山-仙松山
1839峰で疲れたので山行く気全然起きない
そんなところに
チャリで山行かない?下山後は海鮮で とお誘い
そんな美味しい誘いには乗っちゃうよね
がしかし、私はチャリが苦手

写真を撮る余裕はこれっぽっち
DSC_1892_convert_20200923162131.jpg


いきなり温根山山頂
Screenshot_20200912-092707_convert_20200923162303.png


三角点周囲を刈るY澤氏を激写
DSC_1893_convert_20200923162210.jpg
あれ?考えたらBKしたっけ?したような気がするけど覚えていない

そして次の仙松山到着
Screenshot_20200912-111253_convert_20200923162324.png


マジでチャリ苦手
林道の轍にハンドル取られ転ぶ
切り替えが上手くいかず転ぶ
転んだ拍子にサドルに尾てい骨をぶつけ10日経っても痛い
登りよりも下りが怖い ブレーキかけすぎて手が死んだ
それでもなんとか山を下りて
「すみれ」のランチに間に合う!と急いだが定休日…

でも大丈夫 ゆったり館があるのだ
DSC_1894_convert_20200923162235.jpg
ゆったり館御膳食べて帰りました
お疲れ様でした

山の様子は
熊ぞうポテポテ山日記をご覧下さい

06

Category: 中日高

Tags: ---

Comment: 14  Trackback: 0

1839峰
8月に計画したが天候不良で中止
休みがないので今回逃すともう今年中は行けない
1歳でも若い内に行きたい
コロコロ変わる天気予報にかなり精神ヤられたけど
Yさん専属予報士Kさんの「6日の朝は晴れる」の言葉を信じて行く
4日夜現地入り雨のためヒュッテ泊 耳栓ありがとうYさん


5日朝霧雨の中スタート
P1250846_R.jpg


荷物重い あのトンネル手前左から
P1250848_R.jpg


林道入って川にin
P1250852_R.jpg


函や砂防ダムは巻き道進んで
P1250857_R.jpg


2時間チョイで上二股到着 結構雨が降ってる
P1250858_R.jpg


靴を履き替え水5.5リットル汲む 足りないかもしれないがこれ以上は重くて持てない
P1250861_R.jpg
以前迷いやすかったらしい道は笹刈りしてくれていた

20Kg近い荷物を背負って急斜面登る 1305m到着
P1250864_R.jpg
濡れててダニがつかないのはイイけど

雨は止まない ザックも体もベチャベチャどんどん重くなる
P1250869_R.jpg


滑りやすい岩場を気力で登り
P1250873_R.jpg


ニセピークに騙されながら
P1250875_R.jpg


4時間弱で夏尾根頭到着 重かった
P1250878_R.jpg


真っ白何も見えない気温高い 暑くてテント入れないので
DSC_1841_convert_20200912203509.jpg
テントを伝う雨水を採って過ごす 800ccゲット

夕食
P1250879_R.jpg


Yさんが担いできてくれたビールで乾杯 重たいのにありがとうございます(ToT)
DSC_1845_convert_20200914223512.jpg
18時就寝 明るくて寝れない

夜中目覚めるとうっすら山並み見える
DSC_1846_convert_20200912203606.jpg


6日朝、K予報士の言う通り
DSC_1848_convert_20200912203628.jpg


晴れた
P1250884_R.jpg


御来光を拝み5時出発
P1250888_R.jpg


コイカクに向かう途中のレリーフ
P1250891_R.jpg


15分程でコイカクシュサツナイ岳到着
P1250894_R.jpg


1839峰も見えてきた
P1250898_R.jpg


雲海眺めながら
P1250904_R.jpg


進むと
P1250905_R.jpg


どんどん晴れてくる K氏の予報では晴れ間は朝の内らしい
DSC_1866_convert_20200912203718.jpg
背後の1839見える内に何枚も撮る

ブロッケン現象もいっぱい見れた
P1250922_R.jpg


ヤオロマップ岳に向かって
P1250924_R.jpg


細いとこ登ってると
P1250929_R.jpg


少しづつガスが消えていく
P1250942_R.jpg


歩いてきた稜線も見える
P1250946_R.jpg


3時間弱でヤオロマップ岳到着 計画通り
P1250954_R.jpg


スッキリ見えるよ もう少しの間晴れていて
P1250956_R.jpg


ヤオロから1839側に少し下りたテン場で休憩
DSC_1874_convert_20200912203742.jpg
1泊2日ならここに泊まろうと思ってた 

ヤオロから1839まであと3時間の予定 手前の1781へ
P1250959_R.jpg


登って
P1250962_R.jpg


下る 
P1250965_R.jpg


道は険しく厳しい ハイマツで足はアザだらけ しかも暑い
P1250971_R.jpg


前峰の後ろに本峰
P1250972_R.jpg


前峰を登って下りて
P1250975_R.jpg


本峰への急な斜面を登ったら
P1250977_R.jpg


到着
P1250984_R.jpg


山頂 あちらに見えるのはカムイエクウチカウシ山
P1250992_R.jpg


予定通り出発から6時間弱
Screenshot_20200906-104249_convert_20200914200643.png


見渡す限り
P1250993_R.jpg


日高の山
P1250994_R.jpg


こんなに晴れるとは思わなかった 来て良かった
P1250995_R.jpg


BK休憩したら戻る 帰りも6時間予定
DSC_1884_convert_20200912203849.jpg


山頂直下は慎重に
P1260001_R.jpg


道中咲いてたのはリンドウだけ 道端のコケモモ食べ食べ
P1260004_R.jpg


暑さに消耗しながらなんとかヤオロに戻る
DSC_1886_convert_20200912203923.jpg
こんな大変な山みんな良く登るよね~?と呆れる2人

ヤオロからは風が涼しくて助かった
P1260010_R.jpg


素晴らしい景色を堪能
P1250957_convert_20200914202400.jpg


アップダウンにヤられる もう絶対来ないよこんなとこ
P1260013_R.jpg


ヤオロの窓
P1260014_R.jpg


コイカクの登り返しに疲労 腹減ってるのに食べれない シャリバテに苦しみ
P1260015_R.jpg


出発から12時間後なんとかテントへ
P1260017_R.jpg


戻ると雲がもくもく
P1260019_R.jpg


夕陽を見ながら
P1260025_R.jpg


外で夕食 今日も暖かい
P1260026_R.jpg
明日は下りるだけゆっくり寝よう 登頂を喜びあい眠りにつくが
夜中テントを叩く雨音で2人とも不眠
風雨の中撤収またもや濡れて重たい荷物を背負って夏尾根歩くのか

6時半下山開始
P1260027_R.jpg


こういう所は日帰り装備で歩きたいわ
P1260029_R.jpg
「増水してるかも」の一言でYさんの姿あっという間に見えなくなる カモシカか?
2時間かからず上二股ついたら

人がいた 増水していなかった良かった
P1260030_R.jpg
浄水してガブガブ飲んで

ぼちぼち帰る
P1260035_R.jpg


水あるって嬉しい やっぱり水はギリギリだったようだ
P1260041_R.jpg
脱水すると出るホルモンの影響で下山後1週間むくみがとれなかった

Yさんは靴ズレでベロベロ剥けてるのに一言も弱音を吐かず
P1260044_R.jpg
悪条件でも非常に強い 狙った山は一発で仕留める女豹
登頂できたのはYさんのおかげだ

出発から約5時間後無事下山 腹へった
P1260046_R.jpg


汚いまままず海鮮!スシロー!美味いっ(ToT)
DSC_1890_convert_20200914223303.jpg
2人ともお札ベッチャでセルフレジ通らず(汗)

3日ぶりの入浴ひまわり温泉で癒され
ロングドライブYさんお任せで無事帰宅
蛇口をひねれば綺麗な水が出る
美味しいものが食べられる日常に感謝だが

一番感謝してるのはYさんです
行きたかった山行けました
本当にありがとうございました
お疲れ様でした