FC2ブログ
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2019

    


プロフィール

管理人

Author:管理人
日本在住
中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
25

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

望岳台
白金温泉から望岳台まで開通したので

スキーに行ってきた
01_20170427165214b72.jpg



晴れてるが風強め
02_20170427165215a00.jpg



白くてきれいな富良野岳
03_20170427165217209.jpg



昔 十勝岳スキー場ってあった気するが気のせいだろうか
04_20170427165219d63.jpg
本日は避難小屋までのゆるゆる計画だけど


もう少し行く事にする
05_20170427165220d32.jpg



風が強くて途中で下りてきたというオジサン3人組
06_2017042716523732c.jpg



いやマジ風強い この写真撮るだけでなまら疲れたので
07_201704271652391e8.jpg



下りて
08_2017042716524023b.jpg



ちょっと違う斜面登って
09_20170427165241d64.jpg



下りてきた
10_20170427165243307.jpg

見えない石にガリッとなって
風向きで全身硫黄臭くなれる山です







スポンサーサイト

21

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 12  Trackback: 0

旭岳
先週でスキー終了予定だったが
旭岳ならギリギリOKじゃないかと行ってみることに


15日で冬季営業終了
01_20160522193112708.jpg
RWの始発は9時 滑走用具類持込禁止


歩き出して10分後足跡発見 今朝のものっぽい
02_20160522193113dda.jpg



Aコースを登りきると
03_201605221931147f9.jpg



旭岳が見える 滑る斜面に雪はあるのか?ないのか?
04_20160522193115500.jpg



6合目付近で一旦スキーを脱ぎ持って歩いて
05_20160522193115a97.jpg



雪出てきたら装着 
06_20160522193147239.jpg



8合目 ああ今日もしんどい
07_20160522193148669.jpg
ギリギリ続いてた雪は8.5合目で途切れる


少し上がれば雪あるかもと手持ちで登る
08_20160522193148796.jpg



晴れなのにスッキリしない空
09_201605221931497b5.jpg
下山してきた方にこの先雪がないと聞き


担ぐことに
10_2016052219315079e.jpg
スキーで登るより担いだ方が楽だった


忠別方面も霞んでる PM2.5? 高根ヶ原は雪ないね
11_201605221932228e7.jpg



山頂には雪 50cmくらいかな
12_2016052219322363a.jpg



後旭岳方面も雪
13_201605221932245f7.jpg



先週の斜面まだいけるかね
14_20160522193225cb3.jpg



のんびりBKなどしていると
15_2016052219322609d.jpg
男性2人組が到着してちょっとお話し 
ブログ名が山と日本酒さんなのかと思ったら 独り言ちの山暦さんだった


熊ヶ岳を見ながら滑り下りる 
16_20160522193302045.jpg
P氏の滑りは撮っていいけどワタシのはダメですよ八の字だから 



ああしんどい 太ももダルイ
17_20160522193302528.jpg



あとは雪をつなぎながら帰る
18_201605221933037ca.jpg



広大だ
19_20160522193304306.jpg



時間あるのでのんびりする
20_201605221933058ac.jpg
おやつ選びに年齢が出ると失礼なこと言われるが酒饅頭はうまい


また広い雪原を滑り
21_20160522193337325.jpg



旭岳にさよならして
22_20160522193338652.jpg



天女が原を下りると
23_20160522193339a4c.jpg



下界は暑かった
24_20160522193340acf.jpg

山のうえのPekon'sスキーファイナル
暑かったけど楽しかった

14

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

安足間岳
今シーズン最後のスキーは大雪山
愛山渓から行ってみよう

いっぱいかもと心配した駐車場はそれほどでもない
01_20160515214813afe.jpg
偶然oginoさんとY澤さんともうお1人にお会いする 3人は本安足山という山へ向かって行った
 

天気はイイが雪はまだ固い
02_20160515214815f94.jpg



樹林帯を登りきると広い場所 ここは沼ノ平あたり?
03_201605152148152d4.jpg



たぶん1470m付近の目印になる岩という岩
04_201605152148166f0.jpg
雪山ガイドではここを下りるとなってるが


怖くて下りれないわ(笑)
05_20160515214817dec.jpg
写真なんか撮ってないで と怒られるが撮る


ここ下りないほうが絶対イイと思う だってこれ登るんだよ 
06_2016051521485064d.jpg
雪固いから大変 ここの登りでエネルギー半分消失


この辺は雪やわらかく
07_20160515214851896.jpg



登りきると超広大な斜面 遠くにちーさく見えるのは人
08_201605152148520b6.jpg
見えているのはたぶん永山岳


動悸息切れで歩いては止まるを繰り返す 救心効いてない 次は養命酒かな
09_201605152148537c4.jpg
しゃべると苦しいのでP氏には1人でしゃべっててもらう 


息絶え絶えになりながら山頂
10_201605152148540f7.jpg
『セカンドスキンと』いう靴ズレ防止グッズのおかげで足の皮はなんとか無事


比布岳から北鎮岳
11_20160515214928eaf.jpg



北鎮岳から白雲岳方面
12_20160515214929a2e.jpg



手前に大塚小塚 旭岳の後ろに
13_20160515214930874.jpg



十勝連峰  
14_20160515214930e82.jpg
オプタテシケ登らないと・・・


旭岳バックにBKしてたら
15_201605152149311e4.jpg



分岐付近から1人滑る その人はスキーをかついで登り返してた
16_20160515215015dc6.jpg
どうする?やめる?滑った分だけ登り返すことになる 体力的には厳しいが


もう二度とここには来れないかもしれない
17_20160515215016c6f.jpg



いいや滑ってしまえ
18_201605152150175ea.jpg
と滑ったら超気持ちよくて感激


どれだけ下りたのかはわからないが 登り返しは30分だった
19_2016051521501829a.jpg



何度もジグをきりながら登ると 姿見の方から来た3人グループがいて 
20_201605152150194eb.jpg



同じラインを滑って行った 
21_201605152150576c7.jpg
先に滑った1人が小さく見える 広すぎて距離全然わからない


また少し休憩して
22_20160515215058634.jpg



帰る斜面はこっち
23_20160515215059055.jpg



ちょっと愛別岳も見て
24_201605152151008ce.jpg



比布岳への稜線も見るが恐ろしくて近寄れない 
25_201605152151010ac.jpg
nabeさん滑ったのは左側?こんな斜面滑れる人は変態


さて帰ろう 緩いけど長くて足疲れるよ ハの字だから
26_20160515215138c06.jpg



こういう場所は嫌いだよ
27_20160515215139693.jpg



あそこは一気に行くからね 止まったらダメだからねと言われる 
28_20160515215140ed3.jpg



じゃこっから行くと言うと そんな技術あるの?と言われる  ないけどよ(笑)
29_2016051521514098e.jpg



でかーい
30_2016051521514133b.jpg



ひろーい
31_20160515215215001.jpg



と叫んでるうちに沼ノ平に到着したら
32_20160515215216835.jpg



暑寒でもお会いしたKさんがいた  
33_2016051521521706c.jpg
昨日はIちゃんと当麻岳滑ってたと聞いたんですが今日もきてたんですね


ややしばらく立ち話した後帰る
34_201605152152186fe.jpg
もうエネルギー0


腹減った
36_20160515215219da9.jpg



無事下山
37_20160515215246018.jpg

スキーはやっぱり早いな
超疲れたけど超イイ山でした



03

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

暑寒別岳
やっと晴れの休み 風は強め
車がいっぱいの駐車場にはIちゃんの妹Sちゃんがいて
Yちゃん達が来るのを待っていた YちゃんもIちゃんの妹

ということで山頂で会いましょうと先に出発 
01_201605041034004fd.jpg



天気良いのはイイけど暑くなりそうだ
02_2016050410340203b.jpg



前を見ても後ろを見ても人がいる こんな山ひさしぶり
03_20160504103402210.jpg
風が強くて暑さがまぎれ気持ちよい たまに息が苦しいけど


しかしまたもや靴ズレ発生
04_20160504103403694.jpg
靴ズレ防止に新グッズを導入したのに効き目は最初だけ 途中からはかえって仇になってる様子



ここは登らなくて良い箇所
05_20160504103404f1a.jpg



だけど登る 
06_201605041034363e4.jpg
ハイマツ帯という看板 



7合目から見る景色
07_20160504103437b8c.jpg



滝見台
08_20160504103437eee.jpg



大斜面が見える まだらな白い雪がイヤね
09_201605041034383df.jpg



最高潮に靴ズレ痛いので大斜面直前で手当てする
10_20160504103439e6f.jpg
斜面見ながら 左へトラバースして行きましょう とP氏は何度か言っていた


はずなのに なぜだか右側を直登して行くP氏     「???」 
11_20160504103519888.jpg 
カチャカチャと金属片を装着しサクサク登って行く 

「1人だけスキーアイゼンつけやがったな」
「 (ぬけぬけと)だってあるんだもん」
「ついさっき左行こうって言ってたのは誰だ」

シール効かない腕だけで登る 腕しんどい明日絶対筋肉痛だ


後ろを振り返ってもみんな左へ向かっている    でしょー?
12_201605041035191de.jpg
さんざん文句言ったせいか結局P氏は左へトラバースしてくれた(笑)


登りきるとちょっとハイマツ
13_20160504103520f39.jpg



台地上 雪がない部分少しあるけど
14_2016050410352125a.jpg



南暑寒もまだ真っ白
15_2016050410352275b.jpg



山頂
16_201605041036016a5.jpg
人が多かったのでBKなし 入れ替わり立ち代りひっきりなしに人がくる


かっこよい奥徳富岳~群別岳方面
17_20160504103602881.jpg



奥徳富岳
18_20160504103603573.jpg



群別岳
19_201605041036033e3.jpg



さて憧れの大斜面 滑り心地は 
20_201605041036048a1.jpg



あまり気持ちよくなかった(笑)
21_201605041036409b4.jpg



ドームの上でやっとBK
22_201605041036418b8.jpg



ドームの下だけちょっと気持ちよかったけど あとはしんどかった 
23_20160504103642f40.jpg
とにかく暑い


林に入ると滑りやすくなって
24_20160504103643ec0.jpg
駐車場につくと


2匹のめんこいワンコが出迎えてくれた 
25_20160504103644080.jpg

SちゃんYちゃんは違う斜面を滑ってたようで
山では会えなかったけど駐車場で会えて嬉しかった 
またいつかどこかで^^

帰り増毛の気温は24.8℃
暑かったわ






02

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 12  Trackback: 0

燃焼
珍しく気合い入れ2時起床 3時半発の

5:50出発 見た目 雪ないが所々あって車では入れず
01_2015050315154794d.jpg



10分程度スキー担いで歩く この辺から装着
02_20150503151548abb.jpg



山が見えてきたよ
03_20150503151550d49.jpg



振り返ると海
04_201505031515511f6.jpg



もう少しで浜益御殿
05_201505031515531a5.jpg



右に浜益岳が見える
06_201505031516097c0.jpg



8:10浜益御殿到着 左に雄冬山が見える
07_2015050315161117a.jpg



浜益岳に向かって一旦下りる
08_20150503151612847.jpg



滑って下りてみたくなる窪み
09_201505031516143fe.jpg



もう少しですがスキーは脱いで
10_20150503151615693.jpg



群別岳を横眼にツボで登る スゴイ斜面だ 
11_2015050315163169e.jpg
滑りたそうなPekon's氏 滑ったらイイしょと勧めるがノリが悪い


9:15浜益岳到着
12_20150503151632fae.jpg



感動のBK
13_20150503151634261.jpg



尖ってるねぇ アレどこ歩くんだろうねぇ
14_20150503151635710.jpg



酷い靴擦れだが時間も早いので雄冬まで行こうか行くまいか悩む
15_20150503151637f44.jpg
10:10とりあえず下山開始し


御殿まで戻ってから決めることにする
16_20150503151651f89.jpg
鎮痛剤が靴擦れに効くとは思えなかったがなんとかなりそうだ


遠くなる浜益
17_20150503151653915.jpg



先行者1名いた
18_201505031516545a6.jpg
翌日法事で山行けない自分 ストレス溜まるのが目に見えてるので
今日は「もう山行きたくない」ってくらい歩いておきたい
しかし次の場面で欲張った自分を猛反省する事となる


行きたいなんて言わなきゃ良かった なんだろこの斜面は
19_201505031516561f7.jpg



こんなとこ登れねえよ
20_201505031516578f4.jpg



こんなとこいっそ落ちてしまいたい
21_201505031517143da.jpg
遅れる自分を見かねてPekon's氏が「余裕あったら山側のストック短くしたらイイよ」と声を掛けてくれる


余裕なんてありませんがストック短くするとちょっとイイ感じ
22_20150503151716e05.jpg
永遠に続くかと思われた急な部分はほどなく終わる


この辺くると楽勝だ
23_201505031517173aa.jpg



12:10雄冬山 先行者は江別の男性
24_20150503151719e2e.jpg
テレマークウロコ板で普通のスキーに比べたら片足で3kgは軽いと言っていた 
ホントに軽そうで羨ましかった


また感動のBK
25_201505031517200e8.jpg



暑寒
26_20150503151735260.jpg



天狗
27_20150503151736f95.jpg



群別
28_201505031517383d9.jpg



浜益
29.jpg



のんびりしてたら若い男性2人組が到着 暑寒荘から来たらしい
少し会話して


13:10下山開始
31.jpg



登るのも怖かったけど 下りるのも怖かった もうここ絶対通らない
32.jpg



恐怖の滑りの後は登り返しが待っている 右端の小山に登らなくてはならない 
33.jpg



地獄の登り返しに耐え14:10浜益御殿到着
34.jpg
雄冬山に別れを告げても


まだ登り返しがあった もうヘロヘロだ
35.jpg
雪は全然滑らないし木っ端いっぱいだしシンドかったが


15:25なんとか雪の切れるとこまで到着
その後15分ほどスキー担いで15:40下山完了
お陰さまで燃焼できましたが
いまも靴擦れが超痛いです