1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

    


プロフィール

管理人

Author:管理人
日本在住
中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
21

Category: 道東

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

斜里岳
前日羅臼岳を下りて札弦で車中泊
2日目は斜里岳へ向かう

清岳荘は立派な建物だった トイレは屋内にあり100円 駐車料金100円
01_2017072416075911d.jpg
建物横から出発するとすぐウォーキングコースだかなんだかコースと分かれ


登山道はどこなのか不安になりながら進むとやっと案内があり砂利道に出て
02_20170724160800bf5.jpg
ややしばらく砂利道を歩くとここに到着


そこから沢沿いの道になる
03_201707241608022ec.jpg



沢は涼しくてよいな 深い水に入る所はほとんどない
04_20170724160803f95.jpg



団体さんに会った後 下二股到着 旧道を行く
05_201707241608053e0.jpg



その後は名前のある滝が
06_20170724160823d19.jpg



次々と現れ
07_201707241608255a3.jpg



ミソガワソウとオニシモツケが滝の両側に咲いている
08_20170724160826997.jpg



昨日 「明日斜里岳登るんです」と言っていた鹿児島の人と再会
09_201707241608286ca.jpg



山頂でまた会いましょう と別れたがその後会わなかった気が どこかですれ違ったかな
10_20170724160829988.jpg



こちらも昨日見かけた人だ 
11_20170724160844d72.jpg



晴れの予定だったのに雲かかってる
12_201707241608453de.jpg



上二股到着 右手に携帯トイレブースがあった
13_201707241608470cb.jpg



単独の男性2人とすれ違う 2人とも上は風が強いと言っていた 
14_201707241608482fc.jpg
飛ばされそうな風との事 マジか


マジだった
15_20170724160850058.jpg
しかし馬ノ背は風が強いもの 上に行けばそうでもないだろうと進む


いややっぱり風強いガスがすごい速さでやってくる
16_201707241610220ab.jpg



でも飛ばされるほどではない 祠がある前峰
17_20170724161023068.jpg



強風の山頂到着
18_20170724161024c99.jpg



誰もいないので堂々とBK
19_20170724161025e73.jpg
セイコマのBKは薄いので風で割れそうになる


たまに見える景色 1508峰がガスでなかなか見えない
20_2017072416102722f.jpg



遠くに霞んで見えるのは知床連山か
21_20170724161049b22.jpg



徐々に人も増えてきたため下山開始
22_2017072416105177a.jpg



なんだか昨日会った人がすごく多い気がしながら下りる
23_20170724161052c74.jpg



前峰と山頂との間の裸地に
24_2017072416105440f.jpg



たくさん咲いてた フタマタタンポポ?
25_201707241610555a2.jpg



イワギキョウ
26_20170724161114b94.jpg



沢で会った団体さん ガイドがロープを出していた何に使ったんだろう 
27_2017072416111669f.jpg
この団体さんも昨日会ったべかなどと考えてたらその後昨日会った別の団体さんと会う やはり


羅臼登った奴次の日斜里登る説
28_20170724161117ca0.jpg
新道コースが見える


せっかくなので竜神ノ池に寄る 意外と激下りな道だった
29_2017072416111913c.jpg
先にピンクテープあるが案内がないので来た道戻った すると池から真っ直ぐ行ける道があったようだ なーんだ


熊見峠へ向かう道
30_201707241611205e4.jpg



振り返るとガスに隠れていく斜里岳
31_2017072416114245e.jpg



熊見峠
32_20170724161144cd6.jpg
ここから超激下りで下二股へ また沢沿い歩いて


砂利道へ出る
33_2017072416114559d.jpg



途中でおいしそうなの1ケだけあった 酸っぱくてうまかった
34_2017072416114752d.jpg



下りたらやっぱり20台くらいの車 
35_20170724161148eef.jpg
多分昨日会った人8割いたよなと考えながら


秀峰眺めて帰る
36_20170724161202f0d.jpg

百名山ハンターの生態が少しわかった気がした道東の旅
また行きたい 遠いけど




スポンサーサイト

20

Category: 道東

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

羅臼岳
連休が欲しいなと有給もらい
天気がイイのが道東だったので未踏の羅臼岳へ
前日就業後出発し斜里にて車中泊

岩尾別温泉ホテル地の涯は休業中 そのため駐車場が使える
01_20170723204921a34.jpg
車は平日でも20台ちかくあった さすが日本百名山


木下小屋前で届け出し出発 しばらく気持ち良い道を歩いて
02_20170723204922352.jpg



オホーツク展望台でオホーツク海を見て
03_20170723204923440.jpg



弥三吉水で給水 濾過器使用
04_20170723204925efb.jpg



また気持ちの良い道を進むと
05_20170723204926bc0.jpg



極楽平だ 時間がたてば晴れそうなのでゆっくり行く
06_201707232049469ab.jpg



銀冷水ってのはこの流れのこと?
07_201707232049476bc.jpg



大沢入り口
08_2017072320494916e.jpg



エゾツツジや
09_20170723204950d64.jpg



チシマノキンバイソウが咲いてる
10_20170723204952685.jpg



羅臼平到着 
11_20170723205012c2b.jpg
木下弥三吉のレリーフとフードロッカーがある テント1張あった


振り返ってみる 羅臼平キャンプ地と三ツ峰
12_2017072320501388f.jpg



岩清水は滴る程度の水
13_201707232050157b6.jpg



この辺来ると結構人がいた
14_20170723205016929.jpg



徐々に青空になってくる
15_20170723205018d1e.jpg



最後の登りは岩岩
16_20170723205034e62.jpg



団体さんが渋滞してるのをちょっと待って
17_201707232050357b9.jpg



到着
18_20170723205036151.jpg
山頂には日本各地から来た百名山ハンターの方々がいて
俺は昨日斜里だったとか 僕は明日斜里行くんですとか言う話で賑わう


初登頂の山はBKしないとならない 
19_20170723205038c82.jpg



ウトロの港?
20_20170723205040a83.jpg



北は青空
21_2017072320511178d.jpg



南はガスだけど素敵な景色だ
22_20170723205112e8a.jpg



羅臼湖見えない 遠音別、海別、斜里方面
23_201707232051147be.jpg



三ツ峰から硫黄山まで縦走してみたい
24_20170723205115d59.jpg



晴れていれば国後島とか見えたはずらしい
25_20170723205117d8b.jpg
じっくり景色を楽しんで下山開始


イワヒゲ
26_20170723205147721.jpg



コエゾツガザクラ
27_20170723205149d17.jpg



チングルマ
28_20170723205150412.jpg



メアカンフスマには
29_2017072320515228e.jpg



紫色の蝶々がいた
30_20170723205153dfd.jpg



チシマクモマグサにはハエがたかってる
31_201707232052166d5.jpg



タカネナデシコ
32_20170723205217540.jpg



無事に熊に会わず下りれた
33_20170723205219a86.jpg
せっかくだから知床五湖でも行こう


と思ったがあまりにも観光地過ぎて入れず そういえば世界遺産か
34_201707232052203a6.jpg
カムイワッカの滝もいいっかとなり戻る


道中でみえた知床連山 素晴らしい
35_20170723205222fde.jpg

ウトロで温泉入って
オシンコシンの滝も観光客が多過ぎ
素通りして斜里に向かう



17

Category: 道東

Tags: ---

Comment: 10  Trackback: 0

阿寒富士
盆休みはないけど珍しく3連休 でも天気が悪い
降水確率が低い道東へ望みを掛けて行ってみた


4時に起きるも雨で二度寝 5時に起きて準備する
akf01.jpg
オンネトコースから出発6時20分 あまり人がいない


阿寒富士~雌阿寒岳へ登り野中温泉側に下りて
遊歩道を歩いてオンネトーコース入口に戻る予定


気温はそれほど高くないけど蒸暑い
akf02.jpg



カメラのレンズがくもる
akf03.jpg



コヨウラクツツジの実かなぁ
akf04.jpg



これはきっとミヤマハンショウヅル
akf05.jpg



こっそり生えてるキノコ
akf06.jpg




akf07.jpg




akf08.jpg




akf09.jpg




akf10.jpg



いつまでもこんな森の中を歩いていたい
akf11.jpg



と願っても6合目を過ぎると森は唐突に終わってしまった
akf12.jpg
急な角度の阿寒富士が見える


7合目から阿寒富士への道を歩き ここから阿寒富士に登る 誰もいない
akf13.jpg



上までジグザグが続いてる こういう道は足元だけを見て歩くに限る
akf14.jpg



あ、つい上を見ちゃった まだまだ先は長い ゲンナリ
akf15.jpg
フカフカの火山灰 登りヅライけど下りは楽そう


メアカンフスマちょっとだけ 
akf16.jpg



急傾斜に見えた斜面も歩いてみるとそうでもない
akf17.jpg



8時50分到着 一等三角点がある 後ろは雌阿寒岳 遠く右の方に雄阿寒岳
akf18.jpg



初めての山でBKは格別 誰もいないし
akf19.jpg



あっちの先にも行けそう?
akf20.jpg



と思ったら足元に何かのフンが  行くの止めた
akf21.jpg



こっちはどっちの方角になるのかな 雲海がちょっと綺麗だった
akf22.jpg

雨が降ってきたので雌阿寒岳へ行くのは止めて 
またオンネトーコースの森を堪能して帰ってきた

今日は蒸暑かったー



04

Category: 道東

Tags: ---

Comment: 22  Trackback: 0

あかん
今週も道東
雨が降る中 車を走らせる

行きは狩勝峠経由 これは先週登った山かな
oa01.jpg



これは雌阿寒と阿寒富士ですね こんなに白いとは思わなかった
oa02.jpg



今回登る予定の雄阿寒岳を下見する 6組が登っていた
oa03.jpg
下りてきた女性をつかまえて情報収集する 樹氷がキレイだったとの事 うひょ♪


阿寒湖周辺は観光客で混んでるので ちょっと戻って雌阿寒温泉に浸かる
oa04.jpg
隣接するキャンプ場で車中泊 トイレもまだ使える
19時に就寝 翌朝5時起床 気温1℃  


4日 7時出発 駐車場には誰もいない 気温4℃
oa05.jpg



太郎湖見て 次ぎに次郎湖も見る(写真なし)
oa06.jpg



ちょっと風強め 山頂は雲で見えない
oa07.jpg



この山は5合目までが長いという噂 この辺から空気が白っぽくなる
oa08.jpg



ここからがガマン所らしいので ちょっと栄養補給
oa09.jpg



4~5合目の間 木が白くなってきた 風も強くなってくる
oa10.jpg



5合目を過ぎるとこんなんで
oa11.jpg



6合目を過ぎるとこんな感じ まだハイマツの背が高いけど
oa12.jpg



7合目を過ぎるとハイマツが低くなる 3回ほど風に煽られコケそうになる
oa13.jpg
あまりの強風に もう帰ろうかなと思う でももうちょっとだけ行ってみる


8合目は看板の文字も読めない 頂上がどこなのかも全然見えない
oa14.jpg
強風で鼻水が水平に飛んで行く  いいかも と思う


奥の方へ進むと下る道がある 下るの?えー?とか思いつつもう少し行く
oa15.jpg



下りきった所あたりが9合目 で あの上がきっと頂上
oa16.jpg
なんだかんだで9合目まで来ちゃったんで


頂上まで行く 10時到着  7、8合目よりは風弱い気がする
oa17.jpg
看板にエビのしっぽも付いてないし寒くない  でも道中が酷いのですぐ下りよう


バームクーヘンするの忘れるとこだった とりあえず1かじり あとで食べよう
oa18.jpg



これは8~9合目の間の岩についてたエビちゃん
oa19.jpg



これは7~8合目の間の道にいたサンゴちゃん
oa20.jpg



安全な所まで下りてゴハンしようと思ったけど 
oa21.jpg
ブラックサンダーでしのいで とっとと下りよう また帰りの運転長いから


苔がキレイだったり
IMG_7259.jpg




気になる木があったり
oa22.jpg



イイ山なんだけど 風が強すぎたわ 12時半下山完了
oa23.jpg
誰かに会ったら「7号目から上はスゴイですよ」って言おうと思ったのに
結局誰にも会わない山だった 

ちょっと高いリポビタンDスーパー飲んで
oa24.jpg
また4時間運転して帰ります おうちに着くまでが登山


行きが270㌔(家→芦別→富良野→佐幌→士幌→足寄→山) 
帰りは287㌔(山→陸別→置戸→留辺蘂→瀬戸瀬→丸瀬布から高速)

長い旅でした