1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2018

    


プロフィール

管理人

Author:管理人
日本在住
中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
14

Category: 天塩山地

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

三頭山 他
また週末天気悪そうな予報で近間でゆるゆる予定だったが
小平蘂山行くという情報あり、そこは行きたい山なので
OさんとYuちゃんとご一緒させてもらう

林道をちょっと歩いて
20180415071257250.jpg




林道がなくなる所でシール貼る
20180415071254fb5.jpg
今日もO氏よりウロコレンタル



反射板が見えてきた
201804150712537c0.jpg




雪は固くて所々新雪が載っている
20180415071251d1a.jpg




もうガリンガリン 反射板からは
2018041507125699c.jpg




スキー担いでアイゼンで登る
20180415071338954.jpg
真っ白で美しい鷹泊坊主山



天候不良なら三頭山までで終了だったが
201804150713375dd.jpg




思ったより視界良好な
20180415071335bdb.jpg




三頭山山頂だったので予定通り
2018041507134075d.jpg




小平蘂山へ向かう
20180415071449355.jpg
中央白い△ポコの上に見えるのが小平蘂山



三頭山からはスキーで行くがガリンガリンを
20180415071450134.jpg




通り越してゴリンゴリン なまら恐ろしい今日はこの下りで死亡
201804150714476d1.jpg
左足で横滑りしてる内に左大腿が攣り足も死んだ



ポコを右からまいて行ってみるが
20180415071446ae0.jpg




雪庇がデカくて上がれず戻って
20180415071444d8d.jpg
左のガリガリ斜面を滑落しそうになりながらまいて



もうダメだとスキー担いだら
20180415071535b70.jpg




その後は雪が柔らかかった というアルアル
201804150715414ff.jpg




三頭山から標高差500くらい下がって雨煙別川を渡り300くらい登れば小平蘂山
201804150715398e7.jpg




なんだがあと1歩の所で時間切れ
20180415071538a5b.jpg
ピークに到達出来なかったからBKはひっそり



また来るよ
2018041507153640d.jpg




帰りの登り返しがゾッとするが こんな秘境に来れた事が嬉しい
20180415071654f3a.jpg




小平蘂山を背後に感じながら登ると今度は右大腿が攣った
2018041507165365b.jpg
日頃使わない筋肉だからか 水分補給を雪に頼ってたからか



ポコに上がって休憩 ここからの景色が素晴らしかった
20180415071656823.jpg
写真ではわからないけど



登り返しの苦労も消える360度の絶景
201804150716514d1.jpg




標柱が見えてきた
20180415071740cf4.jpg




ずっとスキーは担いだまま
201804150717383ba.jpg





本日2度目の三頭山 ここまでくるとホッとする
20180415071744d31.jpg




反射板までアイゼン
20180415071743793.jpg




斜面はやっぱりバリバリだった
20180415071741dae.jpg




ここからザラメ様の雪を楽しんで
20180415071805df8.jpg

1時間後には無事下山完了
あと1歩だったけども充分楽しい山行でした
OさんYuちゃんお疲れ様でした 
ありがとうございました


スポンサーサイト

25

Category: 天塩山地

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

1032
どこ行こうか考えてたら
ピッシリ行かない?との誘い
まるでToshiさんの追っかけみたいだけど


ピッシリは登りたかった
01_20160927191554e8a.jpg



道は整備されている印象
02_201609271915559a3.jpg
急登あったり極楽平あったりで


釜ヶ渕岳到着
03_2016092719155613a.jpg



ガスガスで何にも見えないなか歩を進めると
04_20160927191557022.jpg



熊岳到着
05_20160927191558295.jpg



その後もガスでどこ歩いてるもんだかわからない
06_20160927191626e52.jpg
ガスが晴れるのを願い牛歩で行く


少しだけ見えてきた あれか?
07_2016092719162786a.jpg
いやまだ奥にあるんだろう


ぼんやり見える紅葉に気をとられてるうち
08_2016092719162787a.jpg



あれ?って感じでいきなりついちゃった山頂
09_20160927191629372.jpg



ガスの中BK
10_20160927191630b7f.jpg



北の方 あんまり見えない
11_201609271916588a9.jpg



見えない
12_20160927191659b66.jpg



見えないけど山の陰に朱鞠内湖がある
13_2016092719170061d.jpg



西の方は雲の下に海沿いの街が見えた 苫前かな羽幌かな
14_20160927191701c43.jpg



羽幌コースは笹モッサり 整備してない感じ
15_20160927191702cee.jpg
寒いしガスも晴れないので下山開始



すると突然
17_20160927191733602.jpg



歩いてきた道のりが見えた 
18_20160927191734c1e.jpg
長っ 来るとき見えなくて良かったなー


ここは落ちたら危ないよ
19_2016092719173501e.jpg



振り返ると晴れ
20_2016092719173683a.jpg



アップダウンある道 山頂振り返りながらのんびり帰る
21_20160927191803219.jpg



来るときなんも見えなかった熊岳?
22_20160927191804dcc.jpg
はじめて登山者がやってくる 2人×2組かと思ったらガイド付きツアー4人組だった


さよならピッシリまたくるよ
23_20160927191805f60.jpg
この後山頂は邪悪な雲に隠れていった


長いけど歩きやすく気持ちよい道 
24_20160927191806c0f.jpg



北方面だらっとしたのは○○山じゃないか 後ろの尖ったのは○○山じゃないかと
25_201609271918069b6.jpg
P氏は興奮してるが わかんねーなーで終わり笑


この辺まあまあ綺麗な紅葉
26_20160927191838a33.jpg



釜ヶ渕岳の登り返しを終え
27_201609271918395a8.jpg
朱鞠内湖を眺め


相雲内~小平蘂~三頭山方面を眺めて
28_2016092719184008d.jpg

良い山だったなーと下山完了



08

Category: 天塩山地

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

1009
直前まで雨だったけど現地ついたら晴れ
P氏とIちゃんと3人で行く

今年は雪がたくさん残ってる登山口
01_20160510155847ef6.jpg



時々道が出てる所もあるがほとんど雪
02_2016051015584817e.jpg



山行き過ぎのせいかP氏は腰が痛くてIちゃんは足が痛い 
03_201605101558489a7.jpg
更年期か自分も体調不良 動悸息切れめまいで『救心』のんだ 高いよ救心


そんなわけで3人とも体を気遣いながら歩く
04_201605101558499a2.jpg



土が出てる所はあったかい このあと上の段にあがる所がちょっとイズかった
05_20160510155850bc5.jpg



ここは気持ちイイ
06_201605101559247b8.jpg



左に三頭山
07_20160510155925c67.jpg



右には今シーズン登った思い出の山達
08_20160510155926912.jpg



風つよく雲の流れが早い
09_201605101559274ea.jpg



北風が西風に変わる
10_20160510155928c60.jpg



反射板
11_2016051016000174e.jpg



急登
12_2016051016000291b.jpg



931地点だべか
13_201605101600023a3.jpg
あちこちうろつきながら歩いているIちゃん


ここスキー滑れるべか
14_20160510160003e12.jpg



あとは一番奥目指して歩く
15_201605101600046ac.jpg



風つよい中
16_20160510160031f67.jpg



到着
17_2016051016003292d.jpg



幌加内山脈(仮称)
18_201605101600330cc.jpg



どれがどれだかわからないけど この中のどれか2つは登ったはず
19_201605101600347d8.jpg
風つよいパパッと写真撮ってすぐ下りる


滑って下りる 長靴のIちゃんはスパイク効いて滑らないと言っていた
20_201605101600345ec.jpg
自分の靴は底減ってるので気持ちよく滑った


少し下りた所でIちゃんがくれたBK
21_20160510160105056.jpg
2人くっつけて∞マークにしてと提案したがP氏に却下される
お揃いのウィンドブレーカーで双子のようなIちゃんとワタシ(年離れてるけど)

夏山ガイドでは初級になってるが
ここって中級じゃない?とか言いながら下山
結局今年も(P氏の)三頭山記念日に三頭山登りました