1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

    


プロフィール

管理人

Author:管理人
日本在住
中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
18

Category: 山道

Tags: ---

Comment: 12  Trackback: 0

濃昼峠(滝の沢側)
今回は滝の沢入口からの濃昼峠
石狩市HPで印刷したパンフレットを手にレッツゴウ

8:10出発 
01_20151118223627147.jpg
鉛色の海と言えば演歌
演歌はやはり日本海 やっぱ初冬
オホーツクや太平洋は爽やかで演歌に似合わないよななどと考えながら歩く



ちょっと上がると峠まで7kmの看板 
02_20151118223629286.jpg
7kmといえばニペソツが思い浮かぶ


パンフレット見ながら歩くが小さい字が見えづらくどこ歩いてるのかわからない
03_20151118223630228.jpg
もう遠くも近くも見えない遠近両用コンタクトにしようかと本気で考えながら歩く


沢渡る 水少ない
04_20151118223633ad0.jpg



ここは滝の沢(馬鹿臭い沢)だったようだ
05_2015111822363339c.jpg
その後海沿いのコースとなり


また沢に向かって下りる
06_20151118223649bb6.jpg



ここは大沢だんだんわかってきた ここが一番水多め
07_201511182236501b5.jpg
この沢を登ると旧道 ルベシベ峠を通って濃昼峠近くの旧道分岐点に出るらしい


そしてまた海沿いを歩く
08_20151118223652ac3.jpg



振り返ると日本海 時折ピューィと鹿が鳴く 
09_20151118223653efd.jpg
ピューィ?ヒュルリー?と思うたび
テーマソングは石狩挽歌から越冬ツバメに変わる


次の沢は空沢だ
10_20151118223655be2.jpg



そういえば唐沢寿明って最近見ないな
11_20151118223711a85.jpg
テレビ観てないからか
そういえば大沢誉志幸っていたよなカップヌードルの宣伝の歌あの歌なんだっけとずっと考えながら歩く


思い出したそして僕は途方に暮れるだ 
12_20151118223712fce.jpg
ここは空沢 水はない


しばらく沢はない でも次の沢が最後の沢だ
13_20151118223714fc3.jpg



海に向かって下りる道があるがパンフレットには出ていない
14_201511182237153a8.jpg
多分ルーランという所に下りるんではないかと思われる 危険と書かれているので多分危険な所


峠まで水準点が4ヶ所あるらしいがみつけたのはこれだけ
15_20151118223717933.jpg



太島内川(2の沢)
16_201511182237339ca.jpg
後ろに見える山のどちらかがルベシベ峠?


太島内川(1の沢)
17_201511182237347e6.jpg



沢はこれで最後だ
18_201511182237360f8.jpg



ここから180mくらいの登り
19_20151118223737382.jpg



この辺まで前回下見している
20_20151118223739775.jpg



面倒なので送電線下を登る
21_20151118223753499.jpg



もーダラダラ道飽きた
22_2015111822375510c.jpg



10:10峠到着 
23_20151118223756cbf.jpg
今日は北西の風?強いので


送電線下でBK
24_20151118223758fce.jpg



山道と送電線がクロスしてる箇所が見える
25_20151118223759e74.jpg
10:50下山開始


クロスして見えた場所はここ?違うか?
26_201511182238146fe.jpg



暗い雲の隙間から光がさすといきなりタヒチ 
27_20151118223816e57.jpg
行ったことないけど


結構崖っぷち木がないと怖いねこれ
28_20151118223817214.jpg



エゾライチョウは急に出てくるからビックリするわ
29_20151118223819540.jpg



写真撮りながらダラダラ下りる
30_201511182238219a4.jpg



これはきっと滝の沢トンネル
31_20151118223834be6.jpg



あれ あっちの山って樽前山?
32_201511182238366fb.jpg



とダラダラダラダラ歩いて
33_20151118223837647.jpg
13:30下山完了

行きはずっと国道451号線から231号線で家から99km
帰りは道道11号線28号線経由451号線で95kmと
意外にも帰りの方がちょっと近かった 


スポンサーサイト

14

Category: 山道

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

濃昼峠(濃昼側)
新赤岩トンネルの手前で右折するはずがうっかり通り過ぎる
複数あるトンネルはずっと工事中 片行が続きUターンしたくてもできず
滝の沢側入口まで行ってしまう往復10kmのムダ

やっと戻って濃昼側入口
01_201511152054431cd.jpg
付近には4,5台の車 意外と人気あるんだな?


10:30出発
02_20151115205445f3d.jpg



濃昼山道は良く整備されていてとても歩きやすい
03_20151115205446bb1.jpg
500、600m行った所でヘルメットに作業服姿の団体に会う 車は彼等のだったようだ
私達は仕事で来たんですがこの道はどこまで続いてるんですか?と聞かれる
4つくらいトンネル過ぎた向こうですと答える(今さっき見て来たから自信有)


入口から2kmくらいの地点 左へ行くと旧濃昼山道らしい
04_2015111520544770e.jpg



こっちが新濃昼山道
05_2015111520544953e.jpg
旧道は稜線上を通っているのかな


意外と崖っぷち
06_201511152055067a2.jpg



送電線が並行する
07_20151115205507dd5.jpg



よくこんなとこ建てたなぁと感心
08_20151115205509746.jpg



文字読めないけど何か標識があったので行ってみたら
09_20151115205510066.jpg



石狩湾 強風
10_201511152055126a2.jpg



下りるとすぐに看板が2つ
11_20151115205526c5b.jpg



11:30峠到着
12_2015111520552815e.jpg



日本海バックにBK
13_201511152055298bc.jpg
ここまで2.5kmしかなかった


ちょっと歩き足りないので滝の沢側へ少し行ってみる
14_20151115205531407.jpg
峠から滝の沢入口までは下りだけど4時間もかかるらしい距離は7、8kmあるのかな


滝の沢まで歩きたいけどピストンするのはキツイ 時間もない 
15_20151115205532c43.jpg
滝の沢側へ下りてしまったら帰る方法がない
バスも1便か2便しかないみたいだし(詳しく調べてはいない)
あのトンネル内を5kmも歩くのはムリ(自転車使う人もいるようだが自分の自転車レベルは低い)


出口は多分この山の向こうなんだろうなと眺めて戻る
16_201511152055530c9.jpg



12:00峠
17_20151115205555e9c.jpg



日本海と
18_20151115205557019.jpg



トンネル眺めながら帰る
19_20151115205558e68.jpg



帰りに旧道少し覗くが道らしき物は見えない
20_20151115205559dfb.jpg



あの稜線通ってるんじゃないかなと思うとすごく気になる
21_20151115205615692.jpg



13:10下山したら山道で出会った人がいた
22_20151115205617edd.jpg
何の仕事なのか尋ねてみたら送電の関係らしかった
送電線の下は毎年草刈りするのか聞いてみたら毎年するんだそうだ 大変ですねぇ


ボケてるけど黄金山 雪は全然ありませんね
23_201511152056186e9.jpg



帰り道妹背牛からの芦別岳と
24_201511152056202bb.jpg


ピンネシリ
25_20151115205621fad.jpg
こっちは雪がありますよ

濃昼山道今度は滝の沢から行ってみたい