1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

    


プロフィール

管理人

Author:管理人
日本在住
中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
18

Category: 中日高

Tags: ---

Comment: 10  Trackback: 0

ペテカリ岳
お盆は仕事 その後3連休もらったどこ行こう
天人峡からトムラウシ行って泊まろうか 
でも日高行きたい迷わず行けそうなのはペテカリ
21日から林道通行止 行くなら今
しかし車がもう限界なほど調子悪い
天人峡なら1時間でつくがペテカリ登山口までは5時間以上かかるし電波もない
レンタカー探しても望む日に車がない・・・どうしよう
など色々あったがなんとか解決して


18日朝登山口到着 元浦川林道の走行が一番のネックだったけどなんとか行けた 
0001.jpg
平日なのに車3台あり安心した やっぱり200名山だね


準備してるとまた1台来て男女2人が先に出発して行き 自分も出発
0002.jpg
川渡るが登山靴で問題ない水深 自分はスパイク長靴


ピンクテープが細かくついている
0003.jpg



この花なんだろう初めて見た
0004.jpg
 


もうすぐ峠という所
0005.jpg
泥の壁登って下りて


濡れた笹原カッパ着る
0006.jpg



草原のような植林地帯を通過して
0007.jpg



ベッピリガイ沢川? 枯れた川を渡ると
0008.jpg



この看板の所へ到着 半分終了という感じ
0009.jpg



帰り間違って左行かないように 右側にスパイク長靴デポ(白い袋)
0010.jpg
写真中央に赤く塗られた石が積まれている


カッパ脱いでペテカリ山荘まで4.8km快適林道歩き でも熊出るらしい 
0011.jpg



熊との遭遇なく無事ペテカリ山荘到着 ここで2.5リットル給水 30分ほど休憩
0012.jpg
山荘には今日帰るという男性1人と先行してた男女2人 
男女2人は山頂泊予定とのこと 現在神奈川の方1人が登っているらしい


1人でも先行者がいるのはありがたい 休憩後出発 
0013.jpg
笹が被さってる部分もありカッパの下は常時、上は脱ぎ着しながら行く


景色も望めない長い道のり、今日は山荘から出発したと自分に暗示をかけて歩くことにする
0014.jpg
そんな中でも白いダケカンバは美しい


細かいアップダウンがあるのは知ってはいた
0015.jpg



たまに見えてもこの程度の眺望
0016.jpg



ピークも4つ5つまでは数えたがそのうちわからなくなる いや長いわ
0017.jpg
途中で大学生らしき男女3人Pとすれ違う 今日山荘から来たのは3組のみ どこからどこまで行ってきたのかな


頂上はどっちなんだかなもう見えてもイイはず 
0018.jpg
あれはナニ山 ベッピリガイ山かな


なんかアレが怪しいよ 半分以上ガスの中だよアレじゃないか?ペテカリは。
0019.jpg
でも地図見ない笑


あーきっとアレが1301だよと思ったがよくわからない
0020.jpg



コレなんかナニ撮ったんだか覚えてないガスがひどくなってきたよ
0021.jpg



1301から100m下りたら500m登る どう見ても500もないから見えてない部分多い 
0022.jpg
先行者が下りてきてハイ松被りが酷かったとの事 全く気配感じられなかったので本当にいたんだと思った瞬間 


確かにハイ松被ってくる 全身ベチャベチャ
0023.jpg



何度か偽ピークに騙されクソと思う 
0024.jpg
高度計見ながら登ればそんな感情も起きないんだろうか


アレが本当のピークだと思ったときにはカメラが故障 コレはスマホ撮影
0025.jpg



虫がいっぱい飛んでる山頂へなんとか到着
0026.jpg



周りの景色が見たかったがBKできただけでいいか 着替えて休憩して下山
0027.jpg
 
途中で男女2人と再会 2人と会うのは何度目か 人の少ない山中で人に会えるのは心強かった
スマホまで壊れては困るので以降写真なし 下りは登り返しが鬼のようにキツかった
今日は誰も泊まる人いないかもと思ったが下りてみると5人もいた
山荘に入るなり「山のうえでの人じゃない?」と言われてビックリした
薄暗い中よく見ると去年旭岳で会った「独り言ちの山暦」の’山と日本酒さん’だった
こんな所で知った人に会うなんて思ってなくて本当に驚いた

山と日本酒さんとお仲間の方々 
0028.jpg
大きく顔出してとの希望でそのまま載せてますが気が変わったらご連絡下さい笑


こちらは神奈川からの方と千葉からの方 千葉の方は林道で親子熊に遭遇したとの事
0029.jpg

色んな話題でしばし談笑
霊現象の体験がないので山荘で1人でも寂しくはないけど
こういう出会いは楽しくて良いなぁと感じた

一応女性であるワタシが広い2階を占有させてもらう
0030.jpg



夕食はミニカップ麺とお湯入れて15分のちらし寿司 酢飯が疲れた体に効く
0031.jpg

しばらく物音や会話も聞こえたがそのうちイビキ音となる
暑くて何度か目が覚めたけどまあまあ寝れた


翌朝 山と日本酒さん達を見送って
0032.jpg


山荘を後にする
0033.jpg



熊との遭遇が怖いので神奈川の方とご一緒させてもらう
0034.jpg
神奈川のTさんはこの後カムエクへ向かうとの事


晴れてきた 山頂泊の2人は素敵な景色が見れただろうと思う
0035.jpg
山と日本酒さんたちも見れると良いな


峠の泥壁を登る やっぱりモデルがいるといいな
0036.jpg



この下には滝がある
0037.jpg



こんな感じ
0039.jpg



Tさんの色んな話を聞かせてもらいながら歩いてると車まであっという間だった
0040.jpg



ネックの林道走行もまたなんとか乗り切って
0041.jpg

無事に帰宅できました
景色は全然だったけど人との出会いが楽しい山でした
みなさんお疲れ様です ありがとうございました 



スポンサーサイト

01

Category: 中日高

Tags: ---

Comment: 10  Trackback: 0

神威岳
願ってもない晴れの3連休
現在通行ができる道は限られている
ということで神威岳へ行ってきた

山荘には2組5名が泊まっていた様子 先に出発して行く
01_201610041156438dc.jpg
室内は見てないがトイレは綺麗だった


登山口から見えているのは神威ではないらしい
02_20161004115645c6a.jpg
P氏のトイレタイム待ち中


最初沢靴で行く 巻き道と沢道交互に歩く
03_20161004115646186.jpg



先行してた男女2人と挨拶交わし
04_20161004115647d40.jpg



水少ない沢を遡ると
05_20161004115648ce3.jpg



先行の3人が沢靴から登山靴へ履き替えていた
06_20161004115719f01.jpg
自分たちもここで靴を履き替える


その後は笹の急登
07_201610041157209c7.jpg



急登の中で紅葉
08_2016100411572172d.jpg



たまに極楽平 しかしところどころ笹が濡れている
09_20161004115722484.jpg



あれは何山だ 通称なんとかって山だ
10_20161004115723c42.jpg



国境稜線との分岐点らしい どうやって下りるんだ 
11_2016100411575658d.jpg



丸見え 真ん中の△がペテガリらしい
12_20161004115757441.jpg



ソエマツ岳が見えてきた
13_20161004115758a12.jpg



頂上はもうすぐ
14_20161004115758a70.jpg



山頂スルーでP氏はソエマツ側へ ピリカヌプリには雲がかかっていた
15_20161004115759a6a.jpg



山頂BK
16_20161004115856ebf.jpg



天気が良くて
17_20161004115857715.jpg



風もなく
18_20161004115858d66.jpg



最高
19_201610041158599c6.jpg



あそこから歩いてきたのかな
20_201610041158590ac.jpg



しばらくして他の人もそろい にぎやかに山座同定
21_20161004115937f56.jpg
下りるのがもったいない景色


憧れのソエマツ岳 雪があるときに眺めてみたい
22_2016100411593864a.jpg



ピリカヌプリ トヨニ岳も雲がはれてスッキリ見えた
23_20161004115939a3e.jpg



下りるのがもったいないが下山開始 
24_201610041159402c3.jpg
どこもここも白い姿を見てみたい景色


ダケカンバが
25_201610041159404bb.jpg



白く輝いて美しい
26_2016100412001137c.jpg



急斜面を笹につかまりながら下りて
27_20161004120013f5a.jpg
無事下山完了


神威橋から見る神威岳
28_20161004120013f12.jpg



さよなら神威 またくるよ
29_20161004120014187.jpg
流木止らしき構造物の朱色が紅葉のようだった