1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
  03 ,2017

    


プロフィール

管理人

Author:管理人
日本在住
中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
10

Category: 北大雪

Tags: ---

Comment: 12  Trackback: 0

小天狗
近間は天気悪い 晴れてる所も強風
紋別道は層雲峡から冬タイヤ装着のサイン タイヤ交換してて良かった
浮島ICから向こうの山は白くなっていた
今日は白滝天狗岳(北大雪スキー場)
ずいぶん前から登りたいと思ってて今頃となる

てんくらによると隣の山の予報で-3℃風速15mくらい 外れる事を祈って出発
01_20161010171052f9d.jpg
入林届パス 草刈るかBOX移動してちょ


最初から雪あり 登山道わからず作業道行く
02_20161010171053c83.jpg



途中から登山道入る 作業道行けば良かったと後悔してる場面  ↓これ道 
03_20161010171054131.jpg
笹が雪の重みで被さってわや カッパはいてるけどベチャベチャ


すぐ歩きやすくなる 雪降ってきた
04_201610101710553aa.jpg



積雪は3cm程度 看板あった
05_201610101710564aa.jpg



徐々に雪増える このままだと山頂付近は膝ラッセル?!
06_20161010171118e53.jpg



あっちの雲かかってるのはチトカニウシかな
07_20161010171119f64.jpg



だんだん雪深く 風も強くなってくる 樹氷もチラホラ
08_20161010171120fff.jpg



最悪 最終リフトまで登れたらイイと思っていた所に到着
09_20161010171121475.jpg



とりあえずまだ奥へ 雲の流れるスピードが半端でない
10_201610101711225a1.jpg



樹氷 今シーズン初
11_20161010171147d18.jpg



うおー風つえー 反射板  
12_2016101017114913f.jpg
左の木見るとここの環境がわかる



みんなあっち向いてる木 見えているのは支湧別岳かな
13_20161010171149752.jpg



左が前天狗 中央が天狗岳と思う
14_20161010171151269.jpg



反射板過ぎた所に棒が立ってた なんだこれ
15_201610101711516d4.jpg
地図見てこなかったので良くわからない


なんでもいいけど風が強い 吹き飛ばされる しかもなんか邪悪な雲がぁ
16_20161010171225a69.jpg
ってことで天狗岳はあっさりパスして撤退しよう


でもちょっと風止むの待って再度行くが押し戻され
17_20161010171225c16.jpg



撤収
18_20161010171226f05.jpg



ヤバイ雲が増えている 走って逃げる
19_2016101017122767f.jpg
深川人は音江山以上高い山には対応できない ここはデスゾーン


登りの足跡も風で消えている
20_201610101712283fc.jpg



樹氷が 雪が 舞っている
21_20161010171255dff.jpg



だいぶ下りてきて振返る 今頃あそこにいたら死んでいる
22_201610101712551fd.jpg



無事に下りてガイドブック見ると
23_201610101712568c6.jpg
反射板あたりは小天狗という地点らしい 標高は1300mを超えていた 寒かったわけや



ちょっとブラブラして
24_20161010171257ff2.jpg



北大雪の山々を
25_201610101712586e4.jpg



眺めて
26_20161010171320212.jpg



天狗平展望地(白滝カルデラ)の展望デッキPで食事して
27_20161010171321db5.jpg
鹿砦を眺めてたら虹が出た


その30分後には雪がドワッと降ってきたので帰る
28_201610101713227de.jpg

浮島を過ぎてトンネルを抜けると雪は雨となった
わざわざ寒いところ行ってたようなそんな気がした休日
いつか天狗岳リベンジだ





スポンサーサイト

17

Category: 北大雪

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

1121
三国山だけではせっかくの天気がもったいないので
Pekon's氏おススメの岩山へ

12:00出発 
01_2015102020573162b.jpg
10月1日からエゾシカ猟解禁の張り紙 ハンターいませんようにと祈る


ポンペンケチャロマップ林道からほんの少し歩いて
02_2015102020573209f.jpg



ドブ川のような色の浅い沢へ入る 
03_20151020205733895.jpg



結構倒木ありなかなか進まない
04_201510202057357e6.jpg



作業道のようなものを越えると
05_20151020205736339.jpg



岩の壁が見えてきて
06_20151020205755c34.jpg



そこを周りこんで登れば
07_20151020205756377.jpg



頂上はすぐそこ
08_201510202057577dd.jpg



振り向くとこんな感じ
09_20151020205759e76.jpg



13:00山頂
10_20151020205800e8d.jpg



山頂からは武利岳と
11_2015102020581623d.jpg



武華山が見えるが
12_20151020205818198.jpg



樹木に囲まれ見晴らし悪いので少し戻って
13_20151020205819e4a.jpg



表大雪バックにBK
14_20151020205821752.jpg
三国山でかじったBK使い回し


表大雪だよねぇ? どれがどの山なのかわからん
15_201510202058225c8.jpg



こっちはさっき登ってきた三国山方面と思うんだけど 良くわからない
16_20151020205840ac4.jpg



13:30下山開始 
17_201510202058413aa.jpg
登りより下りおっかねぇ ガラガラ落石


良く見ると苔が素敵な山 しかし急
18_20151020205843ffb.jpg



またドブ川沿いの笹藪歩いて
19_20151020205845b76.jpg



14:00林道到着
20_201510202058465da.jpg

下山完了
岩山という名前がピッタリの山だった
今度はどこだかの崖山へ行きたいと言うPekon's氏
崖山という名前がピッタリの山にはあんまし行きたくないよねぇ









19

Category: 北大雪

Tags: ---

Comment: 14  Trackback: 0

武利岳
土曜午後下道のんびり走って
18:00過ぎおんね湯温泉道の駅到着
することないので酒飲んですぐ就寝

朝、登山口直前で10名くらいの男女に遭遇
沢から行くのかなイイなー涼しいだろなーと
停車して待ってたらお姉さんに「オネエチャンだ」と言われる
オネエチャンだなんていつ以来?


5:30超ゴキゲンに出発
01_201507192149514d8.jpg
その方々の車とテントらしい 全部釧路ナンバー


今日は暑くなる予報 3合目
02_20150719214953a54.jpg



森林浴
03_20150719214954675.jpg



7合目くらい?頂上付近が見える
04_20150719214956186.jpg



木が煩いけど地面にはちゃんと道がある 
05_2015071921495721a.jpg



あの辺が8合目か
06_2015071921501666d.jpg



細い所 いいねー 
07_20150719215018a22.jpg



9合目もう少しだよ
08_2015071921501982e.jpg



ワタシの影
09_20150719215021324.jpg



8:00山頂 貸切
10_20150719215022013.jpg



武華山バックにBK 
11_20150719215041eb6.jpg
今日はかすんで大雪山も見えない 見えるのは武華山と支湧別岳くらい


8:45下山開始 
12_20150719215042d75.jpg



暑くなる前に下りよう
13_2015071921504335b.jpg
登りより下りが怖い 高所恐怖症


コケモモ
14_20150719215045f0f.jpg



イワヒゲ
15_201507192150469d5.jpg



チシマノキンバイソウ
16_20150719215103b7f.jpg



エゾツツジ
17_201507192151046e7.jpg



今日の目的 
18_2015071921510590a.jpg



ハクサンシャクナゲが見たかったんだ
19_2015071921510724d.jpg



途中の岩場でエゾツツジ
20_201507192151099a4.jpg



ダイモンジソウ
21_201507192151260d1.jpg



カラマツソウを撮ってたら
22_2015071921512706e.jpg



ウスユキソウみたいなの発見 
23_201507192151283bd.jpg
雑草のように見えるけどなんだろコレ


針葉樹林帯は涼しくて気持ち良い
24_201507192151308f7.jpg
誰にも会わない静かな山だと思ったが 3、4合目辺りで登ってくる男性1人とすれ違う


12:10下山完了
25_2015071921513121d.jpg
砂利道から出たすぐの橋で 
几帳面に白線の上 朝にはなかったと思う熊フン

家まで170㎞ 3時間のドライブがキツイお年頃
明日は仕事ガックシ




21

Category: 北大雪

Tags: ---

Comment: 12  Trackback: 0

癒しの山
前の風邪が治ってすぐ胃腸炎型の風邪をひく
下痢と嘔吐で死んだような数日を過ごし
日曜日ぼちぼち復活 疲れた心身には静かな癒しの山が良い
誰もいないだろうと到着した登山口に札幌ナンバーのフキ採りがいて驚いた


8:00 川を渡って出発 登山届は先週、先々週も1組づつ VIPな感じ 今週の1組は自分?
01_201506222244473fa.jpg
イラクサやシダが茂る道を少々歩くと


苔の道に変わる
02_201506222244502dd.jpg



木陰が涼しい
03_20150622224450092.jpg



倒木が多い
04_2015062222445210e.jpg



細い尾根道
05_20150622224453718.jpg



たまに遠くの景色も見えるが
06_2015062222451755d.jpg



ほとんどは暗い林の中
07_20150622224518189.jpg



ここが一番細い箇所
08_201506222245203ae.jpg



振り返って見ると垂直
09_201506222245218d2.jpg



岩に白いミヤマオダマキが咲いていた
10_20150622224523857.jpg



ずっと同じような道が続き
11_20150622224543de1.jpg



阿寒の山が見えるようになると
12_20150622224545cba.jpg



雪渓が現れる 
13_20150622224546c8d.jpg



10:30 山頂
14_201506222245481c1.jpg



武利岳方面バックにBK ニペ、石狩も見える
15_20150622224549789.jpg



山頂は狭くて良い雰囲気
16_20150622224605843.jpg



表大雪
17_20150622224607e8d.jpg



平山、ニセイカウシュッペ方面
18_20150622224607b9b.jpg



武利岳
19_20150622224609cae.jpg



この稜線歩いていったらどこに行けるのかな
20_20150622224610d2e.jpg



緑が美しい
21_20150622224627a55.jpg
静かで贅沢な時間を過ごし


11:30 下山開始
22_20150622224628e81.jpg
ゆっくり花を眺めながら下りる


コミヤマカタバミ
23_20150622224630c43.jpg



エンレイソウ
24_20150622224631d70.jpg



キバナシャクナゲ
25_20150622224633b42.jpg



ツツジ
26_20150622224650762.jpg



遠くの岩にチシマノアマナ
27_20150622224652eb1.jpg



ホソバイワベンケイ
28_201506222246548df.jpg



イソツツジ
30_20150622224657bc0.jpg
下山途中7、8人のグループとすれ違い 週に1組だけのVIP待遇ならず


ミヤマハンショウヅル
31_20150622224712244.jpg



今日はこの花が咲いてるかと期待してたのに1つも咲いていなかった
32_20150622224714ac6.jpg
6月の低温せいか 花は意外と遅れてる気がした


川を渡ってフキを採って
33_20150622224716851.jpg

14:10下山完了 イイ山だった




16

Category: 北大雪

Tags: ---

Comment: 14  Trackback: 0

前ムカ~武利岳
行きたかった前ムカから武利岳
ペコンズさん達と行ってきた
5:30石北峠集合なのに気合い入り過ぎ5時に到着してしまう


6:05出発 東尾根コースから行く
81601.jpg



ここら辺の感じ好き
81602.jpg



ハイマツの斜面を登って
81603.jpg



7:20前ムカ到着
81604.jpg



北見方面? 雲海が美しい
81605.jpg



これから向かう武利岳
81606.jpg



先行していたオジサン 5日前このコース敗退しリベンジのため 夜中0時半恵庭を出て来たそうだ
81607.jpg
先に出発して行く


少し遅れてワタシ達も標高差200mを下りはじめる
81608.jpg



急斜面の下り クロウスゴが大粒でいっぱい でも食べてる暇はない
81609.jpg
基本日高に登る2人は藪コギも急登も全然平気 ワタシはついてくだけで精一杯


右側がスッパリ切れてる箇所 絶対転びたくない所でなぜか転ぶ
81610.jpg



笹藪が濃くなってきた辺りでオジサンと再会
81611.jpg



ここから先は頭上超えの笹藪と超急登で撮影できず 
81612.jpg
笹に押し戻され転ぶ ストックが引っ掛かり前に進めない ここでかなり体力消耗した


死にそうになりながら笹藪を抜けると
81613.jpg



こんな景色
81614.jpg



振り返る いやーしんどかったなぁ …帰りも心配だなぁ
81615.jpg
整備された登山道しか歩いていない身には非常にキツイ道だった


しかしここからの道のりは素晴らしいの一言
81616.jpg



多少のアップダウンはあるけど
81617.jpg



カッコイイ道だ
81618.jpg



影 天気よくて最高
81619.jpg



笹コギで全身ベチャベチャ カメラもベチャベチャ レンズ拭いてもボケてしまうのが残念
81620.jpg



カッコイイ道はモデルがいると更にイイ感じがする
81621.jpg



もう少しだ
81622.jpg



振り返っても素晴らしい景色
81623.jpg



9:20 2人はすでに到着している
81624.jpg



細くてカッコイイ
81625.jpg



9:25武利岳到着
81626.jpg



Iちゃんがくれた北菓楼のBK美味かった
81627.jpg



Kくんがくれた ぷくぷくたいやきも美味かった どこで買ったんだろこれ
81628.jpg



支湧別岳方面をバックにBKするKくん
81629.jpg



暖かい山頂で体を乾かし寛ぐ 先頭だったKくんは特にベチャベチャ 臭そうな靴下をじゃーっと絞っていた
81630.jpg
実際Kくんの靴下は尋常じゃないほど臭いらしく テント内持込み禁止だそうだ


9:50オジサン到着 リベンジおめでとうございます
81631.jpg
オジサンも交えて山談義しながらまったり


厚和方面からは誰1人こない 4人貸切状態
81632.jpg



谷 熊いないかな
81633.jpg



長時間ゆっくりして名残惜しいが10:55下山開始する  ここは1等三角点がある山
81634.jpg



ガスの中に隠れていく山頂標識
81635.jpg



下山風景も素敵だ
81636.jpg



先に下りてたオジサンと再会
81637.jpg



振り返ると歩いてきた道がガスに消えている
81638.jpg



ここを下りると
81639.jpg



行きで難儀した笹藪 下りは楽だけど急斜面なので滑る
81640.jpg



そしてここから登り返しが始まる
81641.jpg



地獄のような登り返しもクロウスゴで癒される 多分100ケは食べたと思う
81642.jpg
ガスの前ムカで武華山経由で帰るかどうするか会議
もう1歩も登りたくないワタシの意見が尊重され
前ムカから下ることに決定

14:25下山完了
結局登りと下りと同じ時間掛った もう廃人状態
2人は無傷なのにワタシだけ全身アザだらけ
とても行きたかったコース とっても素晴らしかった景色
2人のおかげで無事に行ってくることができました 感謝
でももうここは行かなくてもイイかな(笑)