3
4
5
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

    


プロフィール

管理人

Author:管理人
日本在住
中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
06

Category: 表大雪

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

緑岳
平日でも結構人がいた


緑岳から小泉岳へ向かう地面は花畑
01_20170710213501bf7.jpg



ホソバウルップソウが見頃だった
02_201707102135029a8.jpg



ツメクサの類
03_201707102135044a2.jpg



コマクサは開いていない
04_20170710213505ea0.jpg



旬なイワウメ イワウメは石垣山の方が凄いような気がする
05_20170710213507534.jpg



もしかしたらもう少しでシソバになれるんじゃないの?みたいなタカネスミレ
06_20170710213525102.jpg



キバナシオガマも加わり豪勢な雰囲気
07_20170710213526420.jpg



しかしやっぱりチョウノスケソウだよ
08_20170710213528e33.jpg



チングルマよりも花弁の数が多いよ
09_20170710213529b3f.jpg



イワウメだと思って通り過ぎそうになった 
10_201707102135314cb.jpg
これはエゾオヤマノエンドウの白花だよね 見れてラッキー


岩石地帯にイソツツジ
11_20170710213549d29.jpg



森林地帯にミツバオウレン
12_20170710213550303.jpg



ひっそりとエゾコザクラ
13_20170710213552401.jpg


人気の山は平日がいいね


スポンサーサイト

25

Category: 表大雪

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

愛別岳
先日は川が氾濫したり氾濫しそうになったり大変だった
本日は平日休み晴れやっと山行ける
雨のなか朝から晩まで仕事してたP氏も晴れ休み


大雨の後でどこもここも林道の状態は悪かろうと
01_20160826203421819.jpg
黒岳RW&リフトで楽々登山



ニセイカウシュッペ
02_20160826203422c3b.jpg



層雲峡から先は通行止めが続いていた
03_201608262034233b0.jpg



行き先未定ダラダラと黒岳到着
04_201608262034244ec.jpg
平日のせいか人少ない 挨拶交わしたのは外人さん他2、3名


バラバラとヘリコプターが頭上を旋回 何か輪っかをぶらさげている
05_20160826203425578.jpg



とりあえず北鎮岳方面へ向かう 
06_20160826203455647.jpg
お鉢平展望台には熊研の子たち?3、4人


北鎮岳到着 外人さん含め2、3人
07_20160826203456f24.jpg
RW&リフト代払ってここまでじゃちょっとな


とりあえず比布岳方面へ向かう
08_20160826203457ef6.jpg



比布岳到着 外人さん2人 なんか今日は外人さん多い
09_20160826203458631.jpg



振り返って北鎮方面望む
10_201608262034595b5.jpg
ここまでくればRW&リフト代もOKかなと思ったが外人さんいて休みづらいので


とりあえず愛別岳行ってみる
11_20160826203539d87.jpg
あいかわらず歩きづらい ここで日本人女性3名と出会う


振り返りもっと歩きやすいコースはないのかなと眺め
12_20160826203540f16.jpg



最後の登りを終えて
13_201608262035410d3.jpg



愛別岳到着BK 後ろはアンガス牧場?
14_201608262035410da.jpg



帰りも長い あそこ登るんか 
15_20160826203542ac7.jpg



なんとか分岐到着
17_2016082620362199c.jpg



春に滑った斜面はあんな岩岩だったんだ
16_20160826203620d9d.jpg


比布岳へ戻る
18_201608262036227a6.jpg



まあまあアップダウンある 日高よりはマシと思うが
19_20160826203623e17.jpg
P氏は日高の方が楽だと言う 大雪の道は足に合わない様子 


ミヤマリンドウ
20_2016082620362401a.jpg



北鎮を下る 旭岳は雲の中
21_20160826203650917.jpg



黒岳方面は晴れ 
22_20160826203651786.jpg
この時間でも結構登りの人とすれ違う
驚いたのは全部外人さんてこと 朝から会うのは外人さんばかりだ
もしかしてここ外国なんじゃないか? 
という状況がツボに入り 愛別の記憶も薄れたが疲れも消えた


黒岳へ戻る 写ってる人全員外人さん しかも多国籍
23_20160826203652b18.jpg

今日は9割外人デイ
なんか面白かった




16

Category: 表大雪

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

ポン沼
世間は3連休 自分休みは今日だけ
早起できず近くの天人峡へ
登山口まで1時間で到着予定だったが
神居古潭で突然車のエンジン音が爆音に変わる 故障???
アクセル踏むと音が倍増するので低速運行しかできない


1時間半かかってやっと到着 あまりの爆音に他の登山者も振り返る
01_201607190928303bd.jpg
帰りエンジンかかるか心配だが ここは電波も温泉もあり何かあればすぐ連絡できるのが良い


滝見台まで倒木が2、3箇所道をふさいでいる
02_20160719092832c47.jpg



このコースは森々してて好きだけど蚊が多い
03_20160719092833bed.jpg
気を抜いてたら3箇所刺され 網被る


木道が現れる ここまでに3組会う みんなトムラウシ 重たそうな装備
04_201607190928348d6.jpg
3連休どこも混んでるはず でもここは混まないと予想した通り人少ない 


それでもまだ先にいるんだろう 
05_20160719092835881.jpg
天気はあんまり良くない


湿っぽい道
06_20160719092900eef.jpg



何も考えず笹薮に入ると
07_20160719092901b53.jpg



一瞬でずぶ濡れ   あれ?もしかして先頭?と思った時にはもう遅い
08_20160719092902873.jpg



ふいてもレンズの水がとれない
09_20160719092903bda.jpg
ここまで8km トムラまで8.5km


13年に来たときは携帯長靴で歩いた池 今日は水すくない
10_201607190929049c9.jpg
この先も藪被り もうずぶ濡れなのでそのまま進んだが


ずぶ濡れのずぶ濡れ 袖から水が滴る 
11_20160719092935f77.jpg
ハイマツもナナカマドももう大嫌いと振り返った所(笑)


着替えてカッパ着て靴下しぼって進むが
12_2016071909293652e.jpg



何度靴下しぼっても靴の内側に浸み込んだ水は抜けないので靴が重い
13_20160719092937cf9.jpg
歩くたびにジュッポンジュッポンと鳴る


化雲岳までエゾルリソウを見に行く予定だったが ポン沼で止める
14_201607190929389ae.jpg



ここでBKして帰りましょー
15_20160719092939240.jpg
時間はあるけど もうやる気ナシ(笑)


まあまあ咲いてる花たちを
16_2016071909300946f.jpg



ぼちぼち見て
17_20160719093010b7a.jpg



いままで先頭で靴下しぼりながら登ってくれた人達に感謝しながら
18_20160719093011115.jpg



のんびり帰ります
19_20160719093012042.jpg



ここら辺は
20_2016071909301364e.jpg



チングルマが
21_2016071909304294e.jpg



ちょうど
22_20160719093043afe.jpg



旬な感じ
23_2016071909304404a.jpg



コマクサも
24_201607190930455b5.jpg



少し咲いていた
25_201607190930454c2.jpg
朝会った人達と再会し露払いのお礼を言われ ラッセルのお礼みたいだなと思う


ここら辺でやっと暑くなったので 濡れた服に着替えるとすぐに乾いた
26_20160719093112a04.jpg
調子よければ五色までと考えて水は6本持ってったが寒くて1本しか飲まなかった
でも買った水だったので捨てるの勿体無く持ち帰ってきて肩が痛い 次からは絶対水道水だ


湿原の花を楽しんだ後は森を楽しみ
27_20160719093113339.jpg



33曲がりを数えて下りたら
28_2016071909311467d.jpg
車のエンジンは無事にかかりました
でも爆音はそのまま

どうやらマフラーに穴開いたみたいです
でもなんかイイ音だなと思う(笑)
トラックみたいな音と言われてたマイカー
今はバイクみたいな音となっています


13

Category: 表大雪

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

赤岳緑岳
駐車場に到着するとアズってる車があったが
トイレへから戻ったときには何もなかったように駐車されていた
その方は有名なsakaguchiさん15年冬に市内の山でお会いしてる
ご挨拶すると13年に会ったらしいIちゃん(P氏の妻)と勘違いしてるようだった
他に石川県から来た方ともほぼ同時に出発

第一雪渓 雪豊富
01_20160717131500732.jpg



第二雪渓も雪多め
02_20160717131501942.jpg



コマクサ平ではコマクサが咲いてた
03_2016071713150225f.jpg



第三雪渓も雪いっぱい
04_20160717131503618.jpg



第四雪渓も同様
05_20160717131504b94.jpg



赤岳到着時はまだ晴れてたが
06_201607171315452c2.jpg



小泉岳からはガス
07_20160717131546b54.jpg



イワウメ
08_20160717131547777.jpg



イワヒゲ
09_20160717131548c26.jpg



エンドウ
10_20160717131549d26.jpg



ウルップソウ
11_201607171316215a5.jpg



キバナシオガマ
12_201607171316222b6.jpg



豪華な咲きぶり
13_2016071713162328d.jpg



レブンサイコとチョウノスケソウ
14_20160717131624450.jpg



ぎっしり咲いてる
15_20160717131625e0c.jpg



ホソバイワベンケイ
16_20160717131653213.jpg



エゾイワツメクサ
17_20160717131654b80.jpg



タカネツメクサ
18_20160717131655811.jpg



一面に咲くタカネスミレ
19_2016071713165613f.jpg



徐々にガスがとれてきて
20_2016071713165776c.jpg



緑岳到着 高根が原下の雪も豊富
21_20160717131721f9c.jpg



板垣新道まで戻り小屋を目指す
22_20160717131722c20.jpg



フレッシュなチョウノスケソウいっぱい
23_20160717131723464.jpg



こんなにこの花を見たのは初めて イイ時期に来た
24_20160717131724648.jpg
チングルマはまだほとんど咲いてない


白雲小屋について
25_20160717131725cdc.jpg



ガスのトムラウシ方向見ながらBK 
26_201607171317504f4.jpg
ザックには会員の証バッジつけてますが見えるかな(笑)


白雲分岐へ向かう途中で 白いツガザクラ
27_201607171317513af.jpg



帰りは滑って降りたくなる気分
28_20160717131752032.jpg

出発は3番目だったが
戻ると名簿には4、50人後から登っていた
平日でもすごい人気だった さすが花の山


10

Category: 表大雪

Tags: ---

Comment: 12  Trackback: 0

3連休初日
山髭さんのお誘いでまあさんと3人で
ある沼へ行ってきた

8:10出発 風強めの予報 所々青空が見える
01_20151010172423f83.jpg
ブログをリンクしてもらっているまあさんはスタイル良のかなり美人なお姉さん 
時折コメント入れて下さってる山髭さんもイケメンのナイスガイだ


山髭さん達がコツコツと笹刈りして整備をして下さってる道をヒーヒー言いながら登る図↓
02_20151010172425b62.jpg



数日前はカラカラだったと言われるが深い川になってる部分もありヒーヒー言いながら歩く図↓
03_20151010172426d0e.jpg



この辺くると歩きやすい もうすぐもうすぐと言われるがなかなか着かない図↓
04_20151010172427024.jpg



1時間半程度で湿原に到着 雪あり風あり結構寒い
05_20151010172429eed.jpg



お、広い所に出たよ 目的地まではもうすぐらしい
06_20151010172444113.jpg



ハマらないでね 深いから落ちないでねと注意される 確かに深い落ちたら死にそう
07_20151010172445d5c.jpg



9:50 目的地到着 さみー
08_2015101017244759a.jpg



沼バックにBK
09_20151010172448c4b.jpg



まあさんの爪に何かが
P1190689.jpg
…触れないでおこう


陽が射してきて
10_20151010172450e0d.jpg



旭岳もうっすら見えてきた
11_201510101725072b1.jpg



光る水面
12_201510101725080f6.jpg



かっこよい愛別
13_2015101017250924c.jpg



当麻から当麻乗越あたりかな
14_20151010172511a9a.jpg



チョー寒いので10:15下山開始 水ん中に落ちないように慎重に歩く
15_2015101017251225d.jpg



永山、安足間
16_20151010172527d9a.jpg



何かのお祈りでもしてるのか 時折不可解な行動をする方が1名
17_20151010172529374.jpg
「よく変だって言われるの」との事 
「大丈夫 変じゃないですよオカシイだけですよ」 と言ったが同じ意味だった 


絶景だ
18_2015101017253019f.jpg



白い山は
19_20151010172532394.jpg



やっぱり美しい
20_2015101017253346d.jpg



贅沢な景色をいっぱい眺めて
21_20151010172547c8d.jpg



11:50下山完了
22_20151010172549410.jpg

何年前からか廃道となり普通は行けないコース
ガイドしていただいて行ってこれました 感謝
山髭さん まあさん ありがとうございました


世間は3連休?ワタシは明日も明後日も仕事だガックシ