1
2
3
4
5
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2016

    


プロフィール

管理人

Author:管理人
日本在住
中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
07

Category: 南日高

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ピンネシリ
7日は楽古岳の予定を
低温強風予報にて変更アポイへ向かう

途中見えた白く美しい山は何山だろう
01_20161113204606ec3.jpg
前夜は暖かかったが 7日朝の車内は0℃
ビジターセンターで聞くとピンネシリへの林道は通行可能
アポイにするかピンネにするか 車2台あるのでピンネ→アポイか 
P山の会としてはピンネシリは外せない


林道で道に迷いやっと登山口到着
02_201611132046088a7.jpg



最初広く笹刈りしてるのに後半はされていない 
03_20161113204609c83.jpg
この山を登るのは2回目 前回は雪があった


ハイマツがちょっとうるさい所もあったけど
05_20161113204611e2e.jpg



短時間で
04_201611132046100bf.jpg



素晴らしい景色が見れる
07_20161113204648abf.jpg



P氏が「バラ!」と言う 見るとfrost flower 
06_2016111320464745b.jpg



今日は本当に寒い日だ
08_20161113204649d65.jpg



潅木やハイマツを掴みながら歩くのは楽しい アポイにしなくて良かった
09_20161113204650c8d.jpg



日が当たると暖かくなるが
10_20161113204651111.jpg



風は冷たい
11_201611132047278c3.jpg



少し回りこんで山頂到着
12_20161113204728b68.jpg



襟裳岬から
13_20161113204729950.jpg



続く山並み
14_201611132047303ec.jpg



楽古岳は三角形だからわかりやすい
15_2016111320473148a.jpg



白い山々は何だろう 昨日見えた山はどれだろう
16_20161113204758731.jpg
延々と山の名前を教えていただくのだが


わかるのは1839だけだった
17_20161113204758587.jpg



吉田岳 アポイ岳の向こうに光る海
18_20161113204759299.jpg



来た道をまた歩きたい と意見が一致しピストンにする
19_20161113204800543.jpg



凍ったままの
20_20161113204802e1c.jpg



葉や草
21_2016111320482703f.jpg



ずっとこの景色を眺めながら下れる幸せ
22_20161113204828b52.jpg



いい山だ
23_201611132048299df.jpg



どこまで下りても凍り付いてて
24_20161113204831c72.jpg



霜柱がザクザク鳴った
25_20161113204832e4c.jpg



下りてからマジマジと見る標識 右折が通行止めかと思って
26_20161113204856597.jpg



直進したらかなり進んだ所で土砂崩れがあり道を間違ったことに気がついた
27_20161113204857065.jpg
車をおりて見ると林道は路体ごと無く崖になっておりガードロープも宙にぶら下がっている
そんなすごい崩壊なのに通行止の看板もバリケードも一切なく驚いた 
測量杭が打たれていたのでこれから工事するのだろう


工事標識に隠れて見えなかった案内看板
28_2016111320485804c.jpg
通行可能と聞いて行ったのに何故だと謎だったが
後日、日高振興局のページを確認すると
様似大泉林道は11月9日から通行可能とのことだった
2日早く通っちゃった

スポンサーサイト