1
2
3
5
6
7
8
9
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  02 ,2017

    


プロフィール

管理人

Author:管理人
日本在住
中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
05

Category: 東大雪

Tags: ---

Comment: 12  Trackback: 0

ウペペサンケ
4日のうちに糠平入りし
温泉入ったら5時半には真っ暗で
することもないのですぐに一杯やって6時半には就寝
朝 車内の気温は7℃だった

6時40分出発 先行者は若者グループ2組
登山口すぐに左右に道が別れており
前の人に続いて左へ入ったら間違いで
道なき道を少々歩いてのっけから疲れた
正解は右です

しばらく笹原の面白くない道を歩く
up00.jpg



やっと見えた1610mピーク ここの登りが一番辛いとガイドブックに書いてある通り
up01.jpg



ホントにツライ 笹が覆いかぶさってるのでダニが気になるが大丈夫だった
up02.jpg



8時半1610mピーク到着 ウペペサンケ遠いなー 
up03.jpg



と思ったけど意外と近い
up04.jpg



しかしハイマツが行くてを阻む 服ボロボロ
up05.jpg



9時半 糠平富士到着
up06.jpg



ちょっと休んで本峰へ向かう 本峰までは1.5㎞の稜線歩き ホッセー
up07.jpg



そしてこの大きなギャップを越えなければならない 先行してた若者はここで止めた様子
up08.jpg



遠くから見ると平らに見える山も実際は結構アップダウンがあり結構疲れる
up09.jpg



10時15分本峰到着 看板が倒れてる
up10.jpg



建てなおして 十勝岳連峰バック
up11.jpg



こちらはニペソツ山 以前登った時はガスで見えなかったから見れて嬉しい
up12.jpg



然別湖バックにBK 今日は特別にちょっと厚焼きタイプ
up13.jpg



今日はウペペからのニペを見にやって来たんだ まだ白くなってないね
up14.jpg



然別湖
up15.jpg



ダケカンバ
up16.jpg



登り始め抜きつ抜かれつしてた若者グループが本峰へやってきた 
up17.jpg
最近ホント若者が多いね 今日も8割以上若者だった気がする


若者に場所を譲り婆ちゃんは帰る 微妙なアップダウンが地獄のように続く
up18.jpg



さあ帰ろう 気温が下がる前に三国峠を越えなくては それにしても遠い
up19.jpg



糠平湖と溶岩円頂丘
up20.jpg



ハイマツ地獄と登り返しが待っている
up21.jpg



ぬぉぉぉぉっとハイマツと闘い
up22.jpg



やったー登り返しも終わり!と思ったらあそこにもまだ登り返しが残っていた
up23.jpg



これが最後の登り返し いやー疲れた
up24.jpg



そういえば紅葉してた 
up25.jpg

下りたら狭い駐車場に車が10台も停まってた



帰り道 三国峠から見た 左ウペペサンケ 右ニペソツ
up26.jpg



片道6.5㎞しかないのにエライ疲れた山でした





スポンサーサイト

Comments

お疲れ♪
先行してた若者に負けなかったばーちゃんの意地を褒めてやろう。
(ちょっと偉そう)
ウペペは候補にも挙がったことがない。
初めての山だったの?
いつか登る山がなくなった時に考えてみよう。

そこからのニペソツはいいね。
ちょっと鮮明な感じに欠けてるのは望遠画像なのかお天気のせいなのか。
スッキリした晴れではなかったでしょ。

車中泊までしてお疲れさまでした。
で、ホッセー(メンドーサ?)・・って何よ?
おや
林道開通してたんですね。
この山は、前半の急登と帰路の登り返しがツラいですよね。
でも、糠平富士からギャップまで続く、日高山脈並みの痩せ尾根が大好きなんですよ。
時期に行けば、ものすごく花がきれいですしねえ。
とは言え、登山道の笹薮とハイマツは松ヤニまみれのダニ天国だし、どうにも悩ましい山だと思います。
紅葉はすっかり終盤ですね。でも、ニペソツの感じからするとまだ登れそう。
標高年登山で大賑わいのようですが、そろそろ激混みも緩和してますかねえ~。
ここんところ、朝の冷え込みはきつくなってきましたが、天気はいいんで、高い山はラストスパートって感じですね。
今のうちに行けるところは行っちゃいたいんですが、さ~てどうでしょう?
watanabeさん
若者は早いね。でもグループだと話や休憩が長くなって遅くなる様子。
糠平富士はソロの青年に譲りましたが、本峰は一番のりでした。

以前菅野温泉東コースから登ってますが現在林道通行止で
西コースからも登りたいんですけど通行不可です。
ウペペ候補にも上がったことないって?!それはもったいない。
ウペペサンケはイイ山ですよ。人も少ないし山の形が素晴らしい!
とにかく細い稜線がシビレます。ニペを見るにも最適の地。
ホッセーの意味は細いの意味でした。ホント細いから。
Memuroさん
> 林道開通してたんですね。
夏には一部開通してたんですよ♪林道開通するのを心待ちにしてました。

> この山は、前半の急登と帰路の登り返しがツラいですよね。
糠平コースは初めてでこんなにツライとは思いませんでした^^;

> 糠平富士からギャップまで続く、日高山脈並みの痩せ尾根が大好きなんですよ。
ワタシも細い稜線が好きで、ウペペと武利岳は山登り始めた頃からの憧れの山です。

> 登山道の笹薮とハイマツは松ヤニまみれのダニ天国だし、どうにも悩ましい山だと思います。
いやホント。笹もハイマツも疲れました。季節的なのかダニいなくて助かりました。

ニペはまだ白くなってなかったですね。昨日今日辺りはまだ混んでそうな気がしますが
来週には少なくなってるんじゃないでしょうか?
大雪山もまだ白くなってなかったですね。ラストスパート間に合いそうですよ。
問題は峠の路面状況ですね。
なんかかっこいい名前~
明日は何処の山行くのさーと訊かれて、ちょとウペペサンケへ行って来るね~
なんか山奥ポイ感じがgoodです(笑)

登り返し、ハイマツ漕ぎ、細尾根と登りごたえのありそうなお山ですね~
遠いけどいつか登ってみよう!
ダケカンバの様子を見ると紅葉は終了?
そして山頂標識は糠平富士なのにウペペサンケ?
今週は風邪で駄目だったので来週に期待!あとは天気がね…不安


TOSIPAPAさん
カッコイイしょ?ウペペサンケ。
アイヌ語で「雪解け水を出す」だったかな?最終水場で豊富な湧水を見ました。
ニペと並んでるのにニペばっかり人気ありますが
個人的にはウペペの方が好きです。
トンガリ山も好きだけど、細い稜線の方がそそられます。
そうそうこの山頂標識に騙されてここで下っちゃってた人もいたし
ここが山頂ですか?と聞いてきた人もいました。皆さん意外と知らないみたい?
紅葉は山の麓が見頃ですね。層雲峡もキレイでした。
早く風邪治して来週は高山ラストスパートですね^^
いいねー
足の速いアフリカ人のよな名前が気になる
ひっそりしてそなイメージな山だったんけど
けっこう人気あるんだね。
アップダウンは面倒だけど その稜線歩きは気持ち良さそだな~いいなぁ。
水もあるみたいだし、どこか泊れそなとこあった?
私には日帰りでは無理かもしれない(笑
しっかし急登とか体力いりそな山 シケさん好きだね~!
春夏秋冬 山行ってると一年が早くて困っちゃってる今日この頃でした。
すづきさん
> 足の速いアフリカ人のよな名前
わからなくもないです(笑)

意外に人気ある山のようで、ちょっと人多すぎな感じでした。
片道6.5㎞なら3、4人が適当かなぁ
稜線歩きは最高に気持ち良かったよ~
本峰から500m先の西峰まで行きたかったけど疲れたからパス
下の方には水場あったけど上にはないねぇ
泊まれそうなとこは…あったかも♪
ワタシには泊まりは無理だなー車中泊でさえ2泊できず。
体力いる山が好きなわけじゃないんだよMじゃないですから^^
細い稜線の山が好きなの~♪
確かに1年過ぎるの早いね。もう冬だわぁ



シケさん
ウペペサンケ
オイラ登りたい山の一つです。
けど大変そう?
稜線歩きも好きなんだけど。
アップダウンが堪らなく辛そう。
こんにちは!
ウペペの林道、開通したんですね!良かった〜
しばらく行ってないのでウペペ行きたいなって思っていたんです。ニペが混雑してそうなので・・・静かなウペペしか知らないのですが、人多かった?
細尾根好きです♪
林道開通、いつもこちらで教えてもらっていますね。
damerabbitさん
ウペペサンケはイイ山ですよね。
糠平コースは稜線つくまでが大変でした。
1610mピークへの急登で慣れた靴なのに靴ズレできました。
ハイマツとの格闘で体力も消耗しました。
軽量な人ならハネ返されてツライと思います。
自分は重量があるので大丈夫でしたけど^^
帰りの登り返しもツラいですね。
早く菅野温泉コース復活してくれることを祈ります。
merikoさん
全面開通じゃないんですが一部開通してくれてて
仮歩道みたいの作ってくれて登れるようになってました。
登山口すぐ左は入らないように。登れなくないですが間違いです。
正解は右です。右。ピンクテープありますから。
人は多かったです。15~20人はいた気がします。
でもニペに比べたらきっと10分の1以下ですね^^
細尾根イイですよね?ゾクゾクしちゃいます(笑)
あと開通してない林道はクチャンベツ?あそこは来年でしょうかね~

Leave a Comment