FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2020

プロフィール

S

Author:S
日本在住中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
21

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 10  Trackback: 0

故郷の山
そろそろPekon's塾も卒業シーズン
卒業記念ということで
未踏の山をダブルで行ってきた


8:10出発 今日は天気も良く最初からテンション高め
02_20150221221456d2d.jpg



小さいポコをかわしながら適当に進んで目指す山が見えてくる
03_20150221221459edc.jpg



後ろの山々の名前はイマイチわからないがイイ景色
04_2015022122145812d.jpg



どこが山頂かわからないだだっ広さ
05_20150221221500258.jpg



9:40相雲内岳山頂 多分この辺だろう場所でBK
06_20150221221501744.jpg



添牛内の集落 なんもないなー
07_20150221221524836.jpg



もしかしてあの白い平らのは朱鞠内湖?
08_201502212215254a1.jpg



あの山はえーと
09_20150221221527d35.jpg



こっちの山は名無しだったような
10_20150221221528550.jpg



これはこれから向かう山 
11_20150221221530b6e.jpg



10:10山頂を後にして
12_201502212215501c9.jpg



いそいそと2コ目の山へ向かいます
13_201502212215525e7.jpg



空も一層濃い青空となり白い山が輝くね でも登れるのこれって感じの斜面
14_2015022122155467a.jpg



Pekon's氏は当然登る気 自分は行けるとこまで
15_20150221221555a29.jpg



スキーは途中で脱ぎ捨て
16_20150221221557903.jpg



ガツガツ登って行くPekon's氏 その後は階段ができてるので超楽チンであった
17_20150221221614fae.jpg



この高度感
18_201502212216159a3.jpg



この斜度
19_2015022122161700e.jpg



ワタシは高所恐怖症
20_20150221221618834.jpg
足元だけを見るようにして進みます


11:15摺鉢山山頂 感動のBK
21_20150221221620238.jpg



あれって羽幌岳かな
22_20150221221644719.jpg



ズームで見えたR239とR275のT字
23_2015022122164588d.jpg



となりのピークも薄っぺらい
24_201502212216478e9.jpg



12:00ゆっくり休憩して下山開始
25.jpg



雪庇を越えて
26.jpg



尻滑りして
27.jpg
13:00下山完了


帰りはその辺偵察して帰宅
28.jpg
政和から見える山々が超カッコいかった
住むなら政和






スポンサーサイト



Comments

かっこいい
滑りもいいけど、
最後の登りもカッコいいね、Pekon's氏。
いい師匠についたね。
私がその山に登ることは一生ないかも知れないけれど・・その山好きです。
なんかカッコいい。
「住むなら政和」って、アナタ冬山と蕎麦食うことしか考えてないでしょ。
(蕎麦じゃなかったっけ?)
最後の尻滑りもいいなぁ。
おつかれさんでした。
シケさん
本格的冬山って感じで、凄いじゃないですか。
最後の斜面なんて高度感抜群で、さぞヒヤヒヤしたことでしょう。
でも、雪柔らかそうだったし、落ちても大丈夫か。
私もそうですが、山遊びする人って、高所恐怖症が多い気がするんですが、
何故なんでしょう。
そして、山歩いても、決してそれを克服できないんですよね。
ところで、今日の滑降はどうだったんでしょう?
そろそろ卒業とか書いてあったんで、
いよいよカッコいいシュプールがと思ったんですが、
出てこなかったんで残念です。
Watanabeさん
Pekon's氏カッコよく撮れちゃってるでしょう?
カメラマンの腕が良かったんですね(笑)
師匠はうお~とか、ぎもぢイ~とか独り言叫びながら
登ってらっしゃいましたよ。勿論全部無視ですが。
摺鉢山は尖ってるからwatanabeさん好みの山ですね。
ぜひ登りに行ってみて下さい。尻滑り出来るよ。
故郷は添牛内ですが政和の方が山の見え方がイイですね。
添牛内の蕎麦屋の屋根の上には除雪機がのってました。



Memuroさん
滑りに行く山じゃなかったんで、カッコいいシュプールは無いんです。
摺鉢山を滑って下りてくればカッコ良かったかな。命がけで。
自分にとってスキーは山登り下りする為の道具なだけで
どうも滑りが好きになれなかったので卒業です(^^)
カッコ良く滑れないけど無事に下りれればイイわと思ってます。
高所恐怖症はなかなか治らないですね。高い所はホント苦手です。
なのに山に登りたくなるんだから不思議ですね。


師匠達へ
Pekon's氏と行くこの斜度&高度感に仰天!
もの過ぎます! でも卒業って?
私はヤットコ入学なんですけれど。。(笑

syunpaさん
音江連山縦走お疲れ様でした(^^)
オキリ~イルム~音江山ピストンはいっぱい歩けて楽しかったでしょう。
天気良くて最高でしたね!
スキーは滑る山とそうでない山とがあるようで奥が深いです。
季節柄滑り派の山はもう卒業なので師匠は山友に降格です(笑)
私は住むなら朱鞠内、雪の多さと寒さがいいですね
ぜしかさん
雪は昔よりずいぶんと少ない印象ですが
寒いのは寒いと思いますよ。
かなり田舎ですよ。コンビニあるのかな?

尻スベリには良い斜面?
長い尻滑りの後が見事です。
でもスキーで滑るにはかなりの度胸が必要ですね~
来シーズンは是非スキーでチャレンジお願いします。
きっと留年して来シーズンも師匠と一緒かな(笑)
TOSIPAPAさん
尻滑りは急斜面でないと出来ないですよね。
ちょうどイイ斜度でしたよ。
師匠はスキーで滑れそうだと言ってましたが
ワタシは遠慮しときます。
あまりにも上達しないもんから最近師匠厳しくてね~
だからもう絶対卒業したいんですよ(笑)

Leave a Comment