1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

    


プロフィール

管理人

Author:管理人
日本在住
中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
05

Category: 北見山地

Tags: ---

Comment: 12  Trackback: 0

前天塩
土曜日は寝坊して山行けず
日曜日は十勝岳方面かなと思ってたら
素敵なお誘いがやってきた


6:30出発 爽やかな夏道を歩く
01_201507052257533a2.jpg
ガイド・同行者はヤブ王子ogino氏馬車馬Pekon's氏


途中から清々しい水辺を歩く 
02_2015070522575619f.jpg
時々2人の姿を見失うが目印に蕗や植物を折って先行してくれてるので助かった


ここらで水をくんだり 靴下絞ったりして休憩
03_20150705225755898.jpg



急な所は四つん這い
04_20150705225757145.jpg



ハイマツの上を這い
05_201507052257585f7.jpg



歩いてきたルートを振り返り見る
06_20150705225825cde.jpg



またハイマツを漕いで
07_2015070522582776c.jpg



9:40 1450到着 標は何もない
08_20150705225828413.jpg
スパイク長靴 ゆるいので締めてたが最終的にヒモもゴムも全部なくなっていた


青い空に白い雲 右に前天塩 中央天塩岳 奥に大雪山 贅沢な景色をバックにBK
09_20150705225830e57.jpg
本日のベストショット 義務だからねなんて強要なんてしてません


10:10 前天塩へ出発 気持良い稜線1時間ほどで行けそうに見えるが道はない
10_2015070522583199e.jpg



全部ヤブ  ヤブがヒドイ所での写真は撮れてない
11_201507052258509fd.jpg
こんな事はすべて承知の上さ こんなの余裕余裕超余裕 もう余裕すぎて記憶もない

そんなわけで 顔色1つ変えず 文句1つ言わず 超落ち着いてるから自分

ここから先は遭難中というシュチュエーションで歩くことにした
あそこに夏道が見えるー あそこまで行けばもう大丈夫ー みたいな

冷静沈着な自分は
途中でカメラを落とし 探してもらってタイムロスしたりする
見つからなかったらこの山行は幻になる所だった


前方の岩をシケてるからシケ山と呼ぼうとか言ってたらしい
12_2015070522585102b.jpg
自分の世界に浸ってた自分は道中ほとんど会話に参加できなかった


シケ山に登る 
13_20150705225853d73.jpg



振り返り見る 結局ここが一番良い場所だったんじゃないかと言う意見もあった
14_20150705225855a9c.jpg



お花畑に佇む2人 余裕あり過ぎの自分を待っていてくれてる図
15_20150705225856d2f.jpg
自分待ち度々
姿が見えない場所で生存確認の声がかかる事度々


左側注意と何度も言われるが 転びたくないと思う所で転ぶのは世の常?見ている側の人には申し訳なかった
16_201507052259197e5.jpg
稜線上では何度も転倒 しかし精神鍛錬が出来ている自分がイテーとか大声を出す事などあろうはずがない


花がちらほら見えるようになる アズマギクだけ撮れた
17_201507052259215ae.jpg



こんな場所で
18_201507052259225d4.jpg



イソツツジも綺麗だった
19_20150705225924bf8.jpg



いただいた高級スゥイーツで優雅に糖分補給したら
20_2015070522592560c.jpg



目的地はもうすぐ コケモモが沢山咲いてた 気をつかっていただき先頭を歩かせてもらう
21_20150705225959b33.jpg



前天塩山頂には数人のツアー登山者が見える
22_2015070523000118e.jpg
東京の人だったようでスパイク長靴を珍しそうに見ていた


13:30 前天塩岳到着
23_20150705230002e28.jpg



歩いてきた稜線 
24_201507052300043d4.jpg

ツアー客を見送り休憩
今までの山で一番ツラかったなと言うと
「えーっ?!」と2人の声がハモった
ついて行けんわまったく

ogino氏は天塩岳・西天塩岳も周るつもり
Pekon's氏もそれに乗り気
そんなの2人で行きなさいと言うと


みんなでここから下山することになりました 14:10下山開始
25_201507052300060e5.jpg

16:00無事下山完了

先頭歩いてビショビショになった靴下を何度も絞りながらガイドしてくれたoginoさんありがとうございました
いつも元気に声かけてくれておだててくれたPekon'sさんありがとうございました

大変いい経験できました



※文中には虚偽がある可能性大(笑)





スポンサーサイト

Comments

シケさんへ
前天塩岳お疲れさまでした。
写真を見てたのですが凄いの一言(°_°)
ダニは?ブヨは?
刺されなかったでしたか?
私は、登山の後は皮膚科の塗り薬を大量
使い、何とか顔を維持してます(・_・;
プチ山 まあ
まあさん
ご一緒して下さったお2人がプロフェッショナルだったので
ワタシはガイドしてもらって行けただけで足手まとい専門です。
あ、ガイド料払ってなかった(笑)
虫は最初いなかったですが気温が上がると出てきて何カ所か刺され
背中1箇所ダニにやられましたが本日除去してきました。
顔は普段気をつけてますが今回は最初からあきらめてました。
化粧なんか全部剥がれ落ち鼻の穴にハイマツが何度も突き刺さってましたから(笑)


いや~
なんか確実に路線が変わって来ましたね。
いや、ぜんぜん恥ずかしがることなんてありませんよ。
シケ山まで命名しちゃってうらやましいぞ。
ちゃんと看板立ててきたか?
ツアーの方が珍しがったのは長靴ではなく、実はあなた方自身だったのではないでしょうか^^
・・O氏はなんかやる気なさそうなBKに見えますが。
強制してる?
ともあれ、お疲れさまでした。
watanabeさん
路線は変わってないです。たまにこういう所も歩いておけば
これからどんな所も楽に感じられるよという先生達の教えで…
精神鍛錬にイイらしいし…

シケ山は岩岩した所でエゾツツジの蕾があってイイ場所でしたよ。

ツアーの人達は東京ではスパイク長靴売ってないよ~
と物珍しそうにみてました。

O氏の渋々感が伝わる写真でしょ?レアですよ。
勿論強要しましたよ、ガイドなら客の言う事聞かないとねって。
ガイド料も払ってないくせにね(笑)

シケさん
今度は藪山ですか、幅が広がってますねえ。
こういうところは、ベテランの方が連れてってくれないと
まず行く機会なんかありませんからね。
シケさんの日頃の交友関係が窺い知れるところですね。
…ただ、私は誘われてもパスします。
だから、シケ山に看板立っても、一生見ることはないと思います。
私は、普通にやります。だってMじゃないし。
シケさん
沢からでしたか。すごいグレードアップしてますね。
シケ山
良い画ですね~♪
お疲れ様でした。
Memuroさん
ワタシだってMじゃないですから。
根性とか熱血とか言う文字は自分の辞書にないタイプですし。
ツラい事には文句ばっかし言います。きっとイヤな姑になるんだわ(笑)
今回はせっかくの機会でしたから連れてってもらいました。
自分的には大変な山行でしたけど、他の2人には散歩程度のようでした。
damerabbitさん
沢を歩くのも初めてみたいなもんでしたが
沢よりヤブの稜線の方がしんどかったです(笑)
足が短いせいかな?
もうヨロヨロのボロボロでした。
でも楽しかったです。
こんにちは!
なんか写真見てるだけでヘヴィーそうな山行ですね?
沢とか薮こぎしてたら、最初は注意したり躊躇したりするけどそのうちなんとも思わなくなりますよね。
自分も楽しいのかつらいのか分からなくなる時があります(笑)
でも終わったらなんとなく楽しい記憶しかないんですよね(笑)
これから沢シーズンですね!
i-tomoさん
ペテカリお疲れ様でした。
そっちの方がヘビーだったんじゃないですか?

去年の秋、i-tomoさんと天塩行ったとき、
前天塩からこの稜線が凄く魅力的に見えたもので
歩けるものなら歩いてみたかったんですよね。
ヤブ中歩きながら何でそんなこと思ったかな~と反省しましたけどね(笑)
つらいけどイイ経験できた山でした。
はてな
シケさんおつかれさま。
あざとか治った?

馬車馬ってなんですか…頭悪いんでわからないです。 馬鹿みたいな?

ハモッたのは「えーっ!?」じゃなくて「うそーっ!?」でした。


ペコンズさん
まだあざだらけではあるけれど薄くなってます。
ハイマツのアザは治りやすいんですね?
音江山のヤブの時の方が痛かったし治らなかったな~
馬車馬とは脇目もふらずにひたむきに進むって事ですよ。
えーっ?じゃなかったっけ?
うそーっ?だった?
でも完璧ハモってましたよね(笑)

Leave a Comment