1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

    


プロフィール

管理人

Author:管理人
日本在住
中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
24

Category: 北日高

Tags: ---

Comment: 14  Trackback: 0

幌尻岳
年も年なのでやれるうちにやっとこうと
泊まりで日高行ってみた

車がいっぱい 二岐沢出合という所から出発
01_2016072721072435b.jpg



ゲートを越えしばらく林道歩いた後沢沿いを行く 二ノ沢出合
02_20160727210725360.jpg



見えるのがヌカビラ岳なのかなぁと思いながら沢沿いを歩く
03_201607272107269df.jpg



ムシトリスミレや
04_201607272107279e2.jpg



イワギキョウになぐさめられ登ると
05_20160727210728b61.jpg



ヌカビラ岳到着 右にどーんと幌尻岳
06_20160727210755ed8.jpg



まずはすぐそこの北戸蔦岳へ
07_201607272107564d9.jpg



到着 北は1967峰へ続く道
08_201607272107589bd.jpg



南は戸蔦別岳から幌尻岳へ続く道 遠いな
09_201607272107596e8.jpg
山頂にはテント1張


ツメクサが可憐に咲いていた
10_20160727210800d08.jpg



一旦下がって
11_201607272108313bb.jpg



苦しい登りに耐え 戸蔦別岳到着
12_201607272108325dd.jpg



振り返って1967峰方面 いつかあっちも行きたい
13_20160727210833346.jpg



ここからまたせっかく登った高度を下げ
14_20160727210834fea.jpg



さらに下げて
15_201607272108358cd.jpg



七ツ沼カール付近まで水をとりに下りる
16_2016072721090972f.jpg



ハクサンボウフウとキンバイが一面に咲く斜面
17_2016072721091084c.jpg



これをまた登り返す
18_20160727210911bd2.jpg



しんどいわー 
19_20160727210912bd0.jpg
そのへんに熊がいたとすれ違った人が教えてくれたが見ることができなかった


ガスが湧いてきた細い所を 草の味がする水をチャポチャポ背負って進む
20_20160727210913c67.jpg



振り返り見る七ツ沼と戸蔦別岳 良い風景だ
21_2016072721094224f.jpg



崖にはカムイビランジが咲いていた コンデジのズームではほとんど見えない
22_201607272109434e8.jpg
荷が重くなるからとデジイチを置いてきたのが悔やまれる


肩へのしんどい登り
23_20160727210944357.jpg



ガスを眺めながらのんびり登る
24_2016072721094553b.jpg



ガスの中だらだら斜面をだらだら行くと
25_2016072721094646f.jpg



徐々にガスが晴れてテン場到着 歩いてきた道が見える
26_20160727211015271.jpg



テン場は1箇所分しかない
27_20160727211016db3.jpg
一等地を譲っていただき P氏は登山道に張る すまないね



テント設置後山頂へ
28_201607272110173b4.jpg



幌尻岳到着
29_20160727211018374.jpg



山頂からの眺めは
30_20160727211019be0.jpg



絶景
31_20160727211048182.jpg



雲海
32_20160727211049fa1.jpg



感動 こんな景色は見たことない
33_2016072721105042b.jpg
この時間にここにいるから見れる風景


自分たちのテントが小さく見えた
34_20160727211051709.jpg



感動のBKはナメワッカ岳バック 右はイドンナップ
35_20160727211052a35.jpg



テントに戻るとカムエクがすっきり見えた
36_20160727211145901.jpg



夕日の雲海を眺めて就寝
37_2016072721114614f.jpg
夜は月夜だった


朝日に紅く染まる斜面 翌朝は予想通り
38.jpg



妙敷山から太陽が出てきた
39.jpg



素晴らしい景色を堪能して清々しく下山開始
40.jpg



花も満開
41.jpg



どこを見ても
42.jpg



天国のような風景
43.jpg



カムイビランジは
44.jpg



断崖絶壁に咲いている
45.jpg
次はちゃんと写るカメラ持って行かなきゃ


エサオマンと七ツ沼を眺めた後は
46.jpg
登り返しに苦しみながら帰る


タカネシオガマ
47.jpg



アズマギク
48.jpg



カトウハコベ?
49.jpg



北戸蔦別から振り返り さっきまであそこにいたのになと思う
50.jpg
あとはトッタの泉で冷たい水をガブ飲みして


長い林道歩きに耐えて
51.jpg



無事に下山
52.jpg

はじめての山泊
今回もP氏のおかげで
感動の景色を見ることができました
ありがとうございました


スポンサーサイト

Comments

やっと
アップされましたね。
そろそろだろうと思っていました。
ワタシも若いころに幌尻~戸蔦別間を歩いたことがあります。
ただあまりに昔すぎてあんまり記憶がありません。
なのに、これ見てうらやましく感じるのはなぜでしょう?^^
そこはもう行けないところなんだろうなぁ。

登山靴で登ったのでしょうか?
P氏のカッコ見ると沢装備もあったのかな。
長い長い登りのあとのこの景色は・・思わず泣いたでしょ^^
誰にでも見れる景色じゃないもね。
でもそこまで登ったら、どうせならもっとあっちの方とか行ってみたいね~
いや~、すばらしい。

watanabeさん
当日アップはまずムリだし
翌日の仕事は半分死にかけでやってるし
翌々日は夜勤だしでなかなかアップできませんでした。

普通に登山靴で問題なく登れました。
しかしあのアップダウンはツラいですね。
若い人も年配の人も沢山いて、日帰りの人も多くいましたよ。
何言ってんですか兄さんなんか全然大丈夫です。
ここは日帰りで行こうかなと考えてたんですが
この時間でなきゃ見れない景色があるもんだなと思いました。
おばさんだから泣くことはないですが感動しました(笑)
シケさんへ
幌尻岳、お疲れ様でした。
稜線が素晴らしい、写真感動しました。
日高の山は熊のネット情報の記事を沢山読んでるので
テントで寝るなんて怖くて震えます…
寒くは無かったですか?
一度は山の上で満天の星と朝日を見てみたいと思いますが
ヒヨコには無理でしょう(;_;)
プチ山 まあ
まあさん
熊は近くにいたみたいですけど、
寝る時はなんも考えないで寝てました(笑)
夜中1回起きた時も月の光が明るくて
美しいな~と思っただけで熊の事は忘れてました。
ガウッと来たらストックで叩いてやるしかないですね。
月が明る過ぎて星は目立たない夜でしたが、
月がなければ満天の星空だったんでしょうね。
初めての山泊は素晴らしい景色に恵まれて大成功でした。
まあさんもいかが?(o゚∀゚o)
sikeさん
いやはや 凄いですね~(拍手
天気も良いし 絶景だし・・・
P氏も お疲れ様でした。
damerabbitさん
天気も良くて気温も高すぎず、
風もない良い日でした。
色んな奇跡が重なって貴重な景色が見れた事に
感謝しています(^^)
とうとう!
お久しぶりです。
ひそかに時々お邪魔してます。
とうとう山泊に手を出しましたね(笑)
泊まらないと見られない景色、
フフフフフフ♪
どこかのテン場で会える日を楽しみに
してます。
とはいえ、あたしは人生山あり谷あり中、
道北に住んでたけど明後日 引越し。
山頂は遠いわ(笑)
すづきさん
めっちゃお久しぶりじゃないですか!
> 道北に住んでたけど明後日 引越し。
って、道北にいたの~??言ってよ~(´・ω・`)
会いに行ったのに~そしてまた引越??
人生山あり谷ありだね( ・∀・)ファイト

もう日帰りしんどくなって泊まりはじめたよ。
山の中で1日の終わりや始まりを見つめれるのは
とても嬉しいことだね!
いつかどこかのテン場で会えるの楽しみにしてます。
いや、もう、すぐにでも会いたいわ。
とほほ
忙しさから解放され
最近 やっと少し山へ行けるように
なってきたのだけど
体力ガタ落ち、あちこち老化で
とてもシケさんと山歩きできる状態では
ないのだよー(ToT)
たぶんシケさんの行きそうな山を
ちんたら歩いてると思うから
見かけたら 後ろから膝蹴りでもして
喝入れて下さい!
すづきさん
忙しさも少し落ち着いた?
山にも行けるようになった?
それはとても嬉しい(o゚∀゚o)ヤッタネ
まだ若い?んだから落ちた体力もすぐ元に戻るさ~
ボチボチはじめてまた雪洞泊で謎のミサして下さい。
姿見つけたら喝入れてあげたいんだが
ばあさん目が良く見えないんで全然知らない人に
膝蹴りしてしまうかも( ・∀・)
稜線泊
遂にテン泊ですね。
通常は七つ沼に泊まるパターンですが、肩から山頂間にテン場があるとは知りませんでした。あえて稜線泊をコーディネートしたP氏に感謝ですね。
景色も素晴らしいですが、一等地を譲る彼の気遣いも素晴らしいです。
oginoさん
どこに泊まるのかもどんだけ時間かかるのかも、
何も知らず、何も考えずただついて行ったら、
とても素晴らしい景色を見ることができました。
P氏のコーディネートにはいつも感心させられます。
これでガイド料は友情価格の無料(笑)
登山道の幅5、60cmしかない所で彼は寝てました。
ホントに感謝しかないです。
素晴らしい!
素晴らしい8月を過ごしておられます。

Pさん、
冬は曇り男の認識でしたが、夏は晴れ男、あやかりたいです。
岳人の憧れかぁ~♪
Toshiさん
お久しぶりです!
Toshiさんも楽しそうな山々登られてますね!
P氏は冬も夏も素晴らしいコーディネートしてくれます。
サービス精神旺盛でいつも完璧な景色を見せてくれようと
計画は綿密です。もう感謝感謝の一言です(^^)

Leave a Comment