FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2020

プロフィール

S

Author:S
日本在住中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
06

Category: 中日高

Tags: ---

Comment: 14  Trackback: 0

1839峰
8月に計画したが天候不良で中止
休みがないので今回逃すともう今年中は行けない
1歳でも若い内に行きたい
コロコロ変わる天気予報にかなり精神ヤられたけど
Yさん専属予報士Kさんの「6日の朝は晴れる」の言葉を信じて行く
4日夜現地入り雨のためヒュッテ泊 耳栓ありがとうYさん


5日朝霧雨の中スタート
P1250846_R.jpg


荷物重い あのトンネル手前左から
P1250848_R.jpg


林道入って川にin
P1250852_R.jpg


函や砂防ダムは巻き道進んで
P1250857_R.jpg


2時間チョイで上二股到着 結構雨が降ってる
P1250858_R.jpg


靴を履き替え水5.5リットル汲む 足りないかもしれないがこれ以上は重くて持てない
P1250861_R.jpg
以前迷いやすかったらしい道は笹刈りしてくれていた

20Kg近い荷物を背負って急斜面登る 1305m到着
P1250864_R.jpg
濡れててダニがつかないのはイイけど

雨は止まない ザックも体もベチャベチャどんどん重くなる
P1250869_R.jpg


滑りやすい岩場を気力で登り
P1250873_R.jpg


ニセピークに騙されながら
P1250875_R.jpg


4時間弱で夏尾根頭到着 重かった
P1250878_R.jpg


真っ白何も見えない気温高い 暑くてテント入れないので
DSC_1841_convert_20200912203509.jpg
テントを伝う雨水を採って過ごす 800ccゲット

夕食
P1250879_R.jpg


Yさんが担いできてくれたビールで乾杯 重たいのにありがとうございます(ToT)
DSC_1845_convert_20200914223512.jpg
18時就寝 明るくて寝れない

夜中目覚めるとうっすら山並み見える
DSC_1846_convert_20200912203606.jpg


6日朝、K予報士の言う通り
DSC_1848_convert_20200912203628.jpg


晴れた
P1250884_R.jpg


御来光を拝み5時出発
P1250888_R.jpg


コイカクに向かう途中のレリーフ
P1250891_R.jpg


15分程でコイカクシュサツナイ岳到着
P1250894_R.jpg


1839峰も見えてきた
P1250898_R.jpg


雲海眺めながら
P1250904_R.jpg


進むと
P1250905_R.jpg


どんどん晴れてくる K氏の予報では晴れ間は朝の内らしい
DSC_1866_convert_20200912203718.jpg
背後の1839見える内に何枚も撮る

ブロッケン現象もいっぱい見れた
P1250922_R.jpg


ヤオロマップ岳に向かって
P1250924_R.jpg


細いとこ登ってると
P1250929_R.jpg


少しづつガスが消えていく
P1250942_R.jpg


歩いてきた稜線も見える
P1250946_R.jpg


3時間弱でヤオロマップ岳到着 計画通り
P1250954_R.jpg


スッキリ見えるよ もう少しの間晴れていて
P1250956_R.jpg


ヤオロから1839側に少し下りたテン場で休憩
DSC_1874_convert_20200912203742.jpg
1泊2日ならここに泊まろうと思ってた 

ヤオロから1839まであと3時間の予定 手前の1781へ
P1250959_R.jpg


登って
P1250962_R.jpg


下る 
P1250965_R.jpg


道は険しく厳しい ハイマツで足はアザだらけ しかも暑い
P1250971_R.jpg


前峰の後ろに本峰
P1250972_R.jpg


前峰を登って下りて
P1250975_R.jpg


本峰への急な斜面を登ったら
P1250977_R.jpg


到着
P1250984_R.jpg


山頂 あちらに見えるのはカムイエクウチカウシ山
P1250992_R.jpg


予定通り出発から6時間弱
Screenshot_20200906-104249_convert_20200914200643.png


見渡す限り
P1250993_R.jpg


日高の山
P1250994_R.jpg


こんなに晴れるとは思わなかった 来て良かった
P1250995_R.jpg


BK休憩したら戻る 帰りも6時間予定
DSC_1884_convert_20200912203849.jpg


山頂直下は慎重に
P1260001_R.jpg


道中咲いてたのはリンドウだけ 道端のコケモモ食べ食べ
P1260004_R.jpg


暑さに消耗しながらなんとかヤオロに戻る
DSC_1886_convert_20200912203923.jpg
こんな大変な山みんな良く登るよね~?と呆れる2人

ヤオロからは風が涼しくて助かった
P1260010_R.jpg


素晴らしい景色を堪能
P1250957_convert_20200914202400.jpg


アップダウンにヤられる もう絶対来ないよこんなとこ
P1260013_R.jpg


ヤオロの窓
P1260014_R.jpg


コイカクの登り返しに疲労 腹減ってるのに食べれない シャリバテに苦しみ
P1260015_R.jpg


出発から12時間後なんとかテントへ
P1260017_R.jpg


戻ると雲がもくもく
P1260019_R.jpg


夕陽を見ながら
P1260025_R.jpg


外で夕食 今日も暖かい
P1260026_R.jpg
明日は下りるだけゆっくり寝よう 登頂を喜びあい眠りにつくが
夜中テントを叩く雨音で2人とも不眠
風雨の中撤収またもや濡れて重たい荷物を背負って夏尾根歩くのか

6時半下山開始
P1260027_R.jpg


こういう所は日帰り装備で歩きたいわ
P1260029_R.jpg
「増水してるかも」の一言でYさんの姿あっという間に見えなくなる カモシカか?
2時間かからず上二股ついたら

人がいた 増水していなかった良かった
P1260030_R.jpg
浄水してガブガブ飲んで

ぼちぼち帰る
P1260035_R.jpg


水あるって嬉しい やっぱり水はギリギリだったようだ
P1260041_R.jpg
脱水すると出るホルモンの影響で下山後1週間むくみがとれなかった

Yさんは靴ズレでベロベロ剥けてるのに一言も弱音を吐かず
P1260044_R.jpg
悪条件でも非常に強い 狙った山は一発で仕留める女豹
登頂できたのはYさんのおかげだ

出発から約5時間後無事下山 腹へった
P1260046_R.jpg


汚いまままず海鮮!スシロー!美味いっ(ToT)
DSC_1890_convert_20200914223303.jpg
2人ともお札ベッチャでセルフレジ通らず(汗)

3日ぶりの入浴ひまわり温泉で癒され
ロングドライブYさんお任せで無事帰宅
蛇口をひねれば綺麗な水が出る
美味しいものが食べられる日常に感謝だが

一番感謝してるのはYさんです
行きたかった山行けました
本当にありがとうございました
お疲れ様でした






スポンサーサイト



Comments

すごい!
雨が降るひどいコンディションの中、よくコイカクシュサツナイ川に足を踏み入れたもんだ。
結果として中日は晴天に恵まれたが、賭けだなあ。
いいコンビだ、お疲れさん!
日常に
感謝できる遊びってそんなにないかもしれないね。
不便とかきついとかきたないの3日間だったのだろうと想像します。
ま、そうだろうね。
回転寿司で3枚並ぶ皿がどのくらい「普通」に飢えていたのかがわかります。
一生のうちで一番旨い寿司だったでしょ。
これ以上の寿司はもう食えないよ。・・なんて安上がりなヤツなんだ(笑)
ともあれ無事に下山できて何よりです。
Yさん一緒だと心強いね。お疲れさま。
Amigoさん
霧雨だったのと夜には晴れる予報を信じて行きました。
アタックの日に天気に恵まれたのはYさんの強運のおかげと思います。
水ない中で恵みの雨だったし結果的には全てが良い方向でした。
watanabeさん
まさしく不便でキツくて汚い3日間でした。
雨水すすってうめぇうめぇ言ってましたから。
海鮮求めて回転寿司に行き着いたのですが、これが正解。
好きなモノを好きなだけ食えるって幸せです。
本当に一番うまい寿司でした。1皿100円ですけど。
ウニとカニがないのが残念だったなぁ
山の上はずっと貸切り。Yさんいたから登れました。
日高の
稜線やカールでの
朝陽や夕陽は
格別&特別だね😆
自然と涙流れるね。。。
おめでとう🎉
Y澤さん
朝陽も夕陽も見れてラッキーでした。
マジックアワーをマジカルパワーと言ってた人もいますが…(笑)
案外ドライな2人は涙することもなかったですけど、
下山後の温泉でアザだらけの足見て若干ウルッときました。
おめでとうございます㊗️
雨の中よく出発しましたね。
僕なら心折れますよ。
でも2日目晴れて良かったですね!
僕も帰り道食べたくないのにシャリバテしてきつかったですよ。
前はひと月の間に2回あの急登行きました。
きついけど好きなんですよね。笑
ほんとお疲れ様でした。
i-tomoさん
ヒュッテに1823行くグループやカムエク行く人達がいて
普通に出発してったので雨でも行けるんだなっと思いました。
2日目天気悪ければコイカクで帰る予定でした。
9月なのに暑くて、何も食べたくないし、こういう時は
ゼリー飲料が欲しい所ですが重くて持ってけなくて。
あの急登好きですか?日帰り装備ならまだしも、泊りはもう勘弁です(^^;
良かったね!
お疲れさまです。
前に 行きたいと言ってたのを
思い出しました。
いつの頃からか
山行を共にできる仲間が出来て
いろんな沢や山に行き
ずっと登り続けてるシケさんは
凄いね!
と、
コメント書かずにはいられんかった(笑
(ちなみに あたしは休山中)

1839 名前つけないところがいんだべか
イヤンサンキュウ岳にして
イヤサクとか呼ぶのはどーだべね。
すづきさん
何年前かすづきさんコイカク登ってたよね?
テン泊装備あの急登ツラいね。
何とかかんとか行けたけど1人では行けなかったわ~
色んな人と出会って助けてもらって山行けてます。
本当に感謝しかないです。
すづきさんは休山中?いつか再開した時また山行こうね!
1839をイヤンサンキュウ…イヤよイヤよも好きのうち
みたいな名前だねぇ
イヤサクって…カムエクとは雰囲気違うなぁ
1839峰
名前の無い由来のを山を
皆さんと一緒に強い心で踏締めていたのですね!
出だしの雨と重い荷物を思うと、辛さを感じましたよ。
でも!御来光からガスが消えはじめ 近づく1839峰
特別なBKの山頂でしたね! いいなー
私は 雪が降る頃まで山へ行けそうに無いので
良い山なみ見れて 元気が出ましたよー
syunpaさん
しんどい山でした~もう行かない、いやもう行けない(^^;
全体的に藪っぽくて全然スピード上げれず辛かったっす。
BK潰れなかった事だけが救いです。
アタックの日に晴れればイイとは思いましたが、最終日も雨なのは
聞いてないよ~って感じでした。
雪降るまで山お休みですか?お仕事頑張って下さいね~
感動しました~
凄いの一言です。
シケさんでも行くのを躊躇う山。1人では辿り付けなかった山。
読んでで感動しました。なんて過酷な山なんでしょう。その頂きを踏めたらもう感無量ですね。言葉にならないですね。本当に凄い事です✨
景色見れて本当に良かったです。雨の中重い荷物持って・・・頑張ったご褒美ですね♪
雨って良い事もあるんですね。 私も雨の日はテントに付く雨で水取ります(笑)
下山後の寿司はそれはもう極上の味ですね。日高の山はやっぱり凄い!!
ちみさん
1人では行けないですね~日帰りで行ける山ならまだしも。
ヤオロで前日亡くなった人みつかったばかりだったし絶対ムリです。
頑張ったご褒美は素晴らしい景色です。登頂した時は嬉しさと
これから同じ時間かけて戻らなきゃいけないプレッシャーとで複雑な心境でした。
雨は意外とイイ事あります、ダニいないし、水採れるし、水採り結構楽しいし。
人いないからテン場の取り合いもなくって安心だし。
しかしずっと2人きりだったので夫婦以上の関係になったかも(笑)
下山後は寿司ですね!風呂も入らず寿司!

Leave a Comment