2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
26
27
29
30
  04 ,2017

    


プロフィール

管理人

Author:管理人
日本在住
中高年

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
10

Category: 山スキー

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

1009
平日休みP氏&Iちゃんと道北行く

林道を
01_20170211153312fae.jpg



しばらく歩いて小山登る 
02_20170211153313433.jpg



ラッセル有り 天気も良くないが
03_20170211153315d01.jpg



反射板を過ぎる辺りから
04_2017021115331563b.jpg



晴れてくる
05_20170211153316308.jpg



青空だー
06_20170211153350d79.jpg



雲海だー
07_20170211153351248.jpg



山頂が見えたぞー
08_20170211153352341.jpg



もうすぐだー
09_20170211153353e5c.jpg



死の谷か 的な木たち
10_20170211153354415.jpg



山頂だー
11_20170211153427ced.jpg



西は良く見えるが
12_2017021115342848d.jpg



北はガス でも良く見ると利尻見える Wao
13_20170211153429d4a.jpg



雲海の向こうに手塩 北大雪 大雪 十勝連峰
14_20170211153430961.jpg



重い深雪を死にそうになりながら滑って
15_20170211153431278.jpg



地獄の登り返し
16_20170211153511278.jpg



斜面を物色しながら登り返して
17_20170211153512a9d.jpg



素敵斜面を
18_201702111535131ae.jpg



滑走するIちゃん
19_201702111535144c3.jpg



P氏も続く
20_201702111535164f0.jpg



ここはイイ雪だった 太陽が眩しいね
21_20170211153541f34.jpg



滑った斜面を振り返りながら帰り林道は手漕ぎ
22_20170211153542621.jpg

温泉浸かった後カメムシ踏んで尻がカメムシ臭くなったが
超楽しいイイ山だった




15

Category: 山スキー

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

743
何かと忙しくなる前に遊びに行く


結構冷えた日
01_2017012316310904c.jpg



北の山へ
02_20170123163110784.jpg



モンスターっぽい木
03_20170123163111719.jpg



モービルの跡歩けば楽なのにわざわざラッセルするP氏 後続の方々に抜かれる
04_20170123163113afa.jpg



ちょっと白い空気 ここ滑って
05_20170123163114c99.jpg



登り返して
06_20170123163144fb8.jpg



滑って
07_20170123163145a8f.jpg



また登り返してたら晴れてきた
08_201701231631464c9.jpg



青空と山脈が美しい
09_20170123163148ad4.jpg



かっこいいなー
10_20170123163149e89.jpg



少し西斜面を滑って下りて
11_2017012316321378d.jpg



振り返るとシュプール見えた
12_2017012316321454a.jpg



02

Category: 里山ほか

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

年末年始
クリスマスイブもいつもの山


前日強風が吹いたため雪面はこんな感じ
01_20170103201614759.jpg



北に見えるのは幌加内の山
02_20170103201615fc1.jpg



晴天 低温
03_20170103201617d0a.jpg



雪は悪いけど景色はいい
04_20170103201618993.jpg



酷いシュカブラ
05_2017010320161915c.jpg



無名山の奥に旭岳が見えた
06_2017010320164221e.jpg



硬くてデコボコだったけど案外滑りやすかったのは
07_20170103201643ae6.jpg
新しい板のおかげかと思った


年が明けて2日 やっぱりいつもの山へ
08_20170103202910981.jpg
P氏とYちゃんとSちゃんと4人で行く Iちゃんがいないのが残念


汗をかかないY&Sコンビは
09_20170103202912a53.jpg



登るの早すぎ
10_201701032029132bb.jpg
滑るのも早すぎ


登り返しちゅ 
11_20170103202914cff.jpg
婆ちゃんは汗だく


雪のち曇りだったけどたまに日が差すと綺麗
12_20170103202916f0b.jpg



登って滑って登って滑って
13_20170103203048719.jpg
太ももダルイ足攣りそう 板を新しくしても滑りは全然変わらないという結果
年末上手くなったような気がしたのは気のせいだった マジ深雪苦手だ


結局3回滑って帰る
14_201701032030498b3.jpg
明るい姉妹はお年玉をあげたくなるくらいイイ子達だった 
楽しかったよありがとー








21

Category: 里山ほか

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

12月
更新しないと山の事もPC操作も忘れてしまうので
まとめてアップ

12月3日 スキーに行ったはず
03_20161221171707be5.jpg
笹がいっぱいだけど登り返して滑ったような


12月4日も行った様子
04_20161221171708918.jpg
その後風邪引いて


12月13日 622Pへ
13_201612211717092df.jpg
西風強い中 西斜面登った


12月17日 雪少ないが795.4へ 
17_20161221171711f7c.jpg
登り返しちゅ


12月21日 今日も雪は少なかった
21_2016122117171248c.jpg

年賀状作らなきゃ


07

Category: 南日高

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ピンネシリ
7日は楽古岳の予定を
低温強風予報にて変更アポイへ向かう

途中見えた白く美しい山は何山だろう
01_20161113204606ec3.jpg
前夜は暖かかったが 7日朝の車内は0℃
ビジターセンターで聞くとピンネシリへの林道は通行可能
アポイにするかピンネにするか 車2台あるのでピンネ→アポイか 
P山の会としてはピンネシリは外せない


林道で道に迷いやっと登山口到着
02_201611132046088a7.jpg



最初広く笹刈りしてるのに後半はされていない 
03_20161113204609c83.jpg
この山を登るのは2回目 前回は雪があった


ハイマツがちょっとうるさい所もあったけど
05_20161113204611e2e.jpg



短時間で
04_201611132046100bf.jpg



素晴らしい景色が見れる
07_20161113204648abf.jpg



P氏が「バラ!」と言う 見るとfrost flower 
06_2016111320464745b.jpg



今日は本当に寒い日だ
08_20161113204649d65.jpg



潅木やハイマツを掴みながら歩くのは楽しい アポイにしなくて良かった
09_20161113204650c8d.jpg



日が当たると暖かくなるが
10_20161113204651111.jpg



風は冷たい
11_201611132047278c3.jpg



少し回りこんで山頂到着
12_20161113204728b68.jpg



襟裳岬から
13_20161113204729950.jpg



続く山並み
14_201611132047303ec.jpg



楽古岳は三角形だからわかりやすい
15_2016111320473148a.jpg



白い山々は何だろう 昨日見えた山はどれだろう
16_20161113204758731.jpg
延々と山の名前を教えていただくのだが


わかるのは1839だけだった
17_20161113204758587.jpg



吉田岳 アポイ岳の向こうに光る海
18_20161113204759299.jpg



来た道をまた歩きたい と意見が一致しピストンにする
19_20161113204800543.jpg



凍ったままの
20_20161113204802e1c.jpg



葉や草
21_2016111320482703f.jpg



ずっとこの景色を眺めながら下れる幸せ
22_20161113204828b52.jpg



いい山だ
23_201611132048299df.jpg



どこまで下りても凍り付いてて
24_20161113204831c72.jpg



霜柱がザクザク鳴った
25_20161113204832e4c.jpg



下りてからマジマジと見る標識 右折が通行止めかと思って
26_20161113204856597.jpg



直進したらかなり進んだ所で土砂崩れがあり道を間違ったことに気がついた
27_20161113204857065.jpg
車をおりて見ると林道は路体ごと無く崖になっておりガードロープも宙にぶら下がっている
そんなすごい崩壊なのに通行止の看板もバリケードも一切なく驚いた 
測量杭が打たれていたのでこれから工事するのだろう


工事標識に隠れて見えなかった案内看板
28_2016111320485804c.jpg
通行可能と聞いて行ったのに何故だと謎だったが
後日、日高振興局のページを確認すると
様似大泉林道は11月9日から通行可能とのことだった
2日早く通っちゃった

06

Category: 南日高

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

横山中岳
日月の連休 今年最後の遠出
日曜早朝発を考えてたが雪予報の為 土曜仕事のあと出発する
気温は0℃~3℃ 門別に入ると13℃と生暖かい
静内を過ぎると土砂降り雷 なんとか到着してワイン飲んで就寝
車内は自宅寝室よりも暖かかった


最大4人の予定だったが残念ながら同行者は前日入りしてたP氏のみ
01_20161110210723aed.jpg



昨夜の激しい雷雨が一変清々しい青空 
02_2016111021072480b.jpg



まだ紅葉見れた
03_20161110210725899.jpg



急登あったり極楽平あったりと変化があって楽しい
04_20161110210727f58.jpg



一度だけ鹿ではない何かの声が聞こえた 熊?
05_201611102107289b6.jpg



笹が刈られて歩きやすいが急斜面は滑りやすい
06_20161110210800bdf.jpg



山頂手前で眺める南日高の山々
07_201611102108010e7.jpg



山頂到着 と同時に雲がかかり
08_20161110210802e35.jpg



雪がちらつく中BK
09_20161110210803138.jpg



強風 寒いのですぐ下山開始
10_20161110210804155.jpg



途中の木にキズ
11_201611102108358a8.jpg



やっぱ熊?と思ってたら 熊追って来たんだと言う鉄砲持ったオジサンに遭遇
12_2016111021083693d.jpg
熊撃ちの話を聞かせてもらう 超興味深い 寒くなければ永遠に聞いていたかった 


下りてくうちにまた晴れてきて
13_20161110210837308.jpg



紅葉も
14_20161110210839cd9.jpg



海も綺麗で
15_20161110210840b86.jpg



いい山だった
16_20161110210903d09.jpg

横山中岳良かったよ


24

Category: 里山ほか

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

長官山、瀞台
平日休みtarumae-yamaさん達と
恵庭岳の予定だったが天候不良にて延期
どこも強風予報だが晴れを求めて長沼町へ

マオイゴルフリゾートの奥、長沼スキー場を過ぎ
01_20161026221501095.jpg



マオイ文学台という所へ向かうと
02_20161026221503e8f.jpg



A地点へ到着できた
03_2016102622150436f.jpg
本日は残していたA~BとEからの道を歩きたくて来た


文学台の駐車場から
04_20161026221506a23.jpg



長官山へは5分で到着
05_2016102622150708d.jpg
うっすら白く積もる雪に強風 超寒い


長官山からBへ下りる 体が温まらない内からの下りは変な感じだ
06_201610262215333cd.jpg



送電線の下をくぐって到着 B地点は火葬場と墓地 心霊写真が撮れても困るので撮影なし
07_20161026221534b53.jpg



Bから長官山へ戻ります
08_20161026221535f2f.jpg



ちょっとした紅葉
09_20161026221536f23.jpg



美味しい香りにうっとり 晩秋の楽しみはカツラの葉
10_20161026221537c37.jpg



あっという間に頂上
11_20161026221606b14.jpg



駐車場の奥にはマオイ文学台の碑?馬追原野という小説があるらしい
12_201610262216076dd.jpg



ここから札幌近郊の山々がよく見えるようだが今日は見えない
13_20161026221608204.jpg



ちょっと紅葉 岩見沢方向は暗い雲
14_201610262216097c3.jpg
車内で軽く食事して次は


道道夕張長沼線へ移動しG地点へ
15_201610262216108fa.jpg



ここはなかなか見えづらい
16_201610262216396b9.jpg



次はGからEを往復する
17_201610262216404e8.jpg
MTBの若者2人組が出発して行った


暗い針葉樹林帯は寒いけど気持ちいい
18_20161026221642612.jpg



上に出ると強風 途中で笹を刈ってるオジサンがいて 神居尻山で何度か会ったHさんだった
19_20161026221643c69.jpg
あっち雪だからこっち来てるんだ 何もすることないからよと笹刈りしてくれている


ちょっと紅葉
20_20161026221644389.jpg



自転車でも登れるような斜面を登ったら
21_20161026221712d58.jpg



瀞台到着 3、4人のオバサン達に挨拶して反対側へ下ると
22_20161026221713563.jpg
若者2人がMTBを押しながら戻ってきていた 


分岐から Eへ向かう
23_20161026221714e2f.jpg



コミュニティセンター方向というE地点に行き着くと
24_20161026221715bda.jpg



このような場所だった
25_20161026221716851.jpg
ここから出発する場合はコミュニティセンターに駐車していいのかな 路駐なのかな


こんな階段登って来た道戻る
26_20161026221742976.jpg



距離は短いけど
27_20161026221743b16.jpg



好きな感じの道だった
28_2016102622174432d.jpg



時間もなくなってきたので出力アップ 後はもう汗かいてもイイ
29_20161026221746fe4.jpg



2回目の瀞台を過ぎ
30_201610262217471eb.jpg



雪混じりの強風の中急いで歩いてたら臀部がだるくなった
31_201610262218183b2.jpg



針葉樹林帯でまた癒されて
32_201610262218197aa.jpg



なんとか無事にゴール
33_201610262218199df.jpg

寒い中歩いたせいで臀部がだるいと思ってたら
翌日は股が痛くなり 仕事中に股が痛い股が痛いと騒いでたら
股関節の使いすぎだよと言われた 股関節の使いすぎ…
なんかちょっと下ネタ風だなと思ったが
加齢によるものだと言うことね